2024年02月26日( 月 )

3秒で測定できる体脂肪スキャナー販売開始~スリーアールソリューション

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 スリーアールグループで、デジタル機器の通信販売を行うスリーアールソリューション(株)(福岡市博多区、今村陽一代表)は、体脂肪スキャナー「BELLO(ベロ)」の一般販売を9日から開始した。

 「BELLO」を腹部にあてると 3 秒で内臓脂肪レベル・皮下脂肪レベル・腹部脂肪率を測定できる。クラウドファンディング「マクアケ」において実施した11月5日〜26日の先行予約販売では、支援額の目標が10万円であったところ、その約85倍の857万円が集まり、予想以上の反響となった。

 同社は、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう、テレワークや外出自粛により、運動不足から自身の健康が気になる人が増えているとして、正確かつ手軽に測定できるポータブルヘルスケアデバイス「BELLO」に注目した。 

スリーアール 体脂肪スキャナー「BELLO(ベロ)」
スリーアール
体脂肪スキャナー「BELLO(ベロ)」

    「BELLO」の特徴として、同社は近赤外線技術を用いて脂肪密度を測定する「独自の測定技術」の採用を挙げる。同社によると、従来の体脂肪計(BIA法)とは違い「測定結果が体水分量に左右されない」という特長があり、水分量の変動による測定の誤差が小さいという。

 「BELLO」は北米のクラウドファンディング「Indiegogo」で3,600万円以上の支援を集め、世界最大級のデザイン賞「iF DESIGN AWARD」を受賞するなど、その機能面・デザイン性がすでに世界で高く評価されている。マクアケにおいても、20代~70代以上と幅広い層から支援が集まり、「ダイエット・健康管理に活用したい」という声が多く寄せられたという。
 
 製品は116.5gと軽量で手のひらサイズでありながら、3秒で測定できる高性能のスグレモノ。家にこもりがちになる冬に入り、活用したくなる機会も増えるだろう。「BELLO」は同社グループの販売サイトなどで購入できる。

【茅野 雅弘】

関連記事