2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

山口FG、社員有志による「架空経費不正告発状」届く (番外編)

 Net IB-Newsが15日報じたとおり、山口フィナンシャルグループ(FG)の社員有志による「(不正告発状)山口FG椋梨CEOは、50百万円を超える架空経費を不正に計上」との告発状(12月11日付)が(株)データ・マックスに届けられた(山口FG、社員有志による「架空経費不正告発状」届く)。

▲クリックで全文表示(PDF)
▲クリックで全文表示(PDF)

 【表】は山口FG役員(10名)の履歴をまとめたもの。取締役・吉村猛氏は今年6 月25日開催の定時株主総会で代表取締役会長グループCEO就任を承認されたが、総会後に開催された臨時取締役会で取締役に降格させられた。著書『実録 頭取交替』に続くクーデター劇となった。

 山口FGは吉村氏の越権行為を調査した社内調査報告書を受け、10月14日付で吉村取締役に対する辞職勧告を決議したが、吉村氏は応じなかった。

 そのため山口FGは、今月24日に臨時株主総会(山口銀行本店:下関市)の開催を予定している。吉村取締役の解任決議を上程しており、承認される見込みだ。

 後任の取締役候補には、専務執行役員の蘇我徳将金融ユニット長が推挙されている。蘇我氏は山口銀行OB会(清交会)の副会長でもあり、手の内が透けて見える人事といえるだろう。

【表】山口FG役員の履歴表(社内3名、社外7名)
【表】山口FG役員の履歴表(社内3名、社外7名)
※クリックで拡大

 

【(株)データ・マックス顧問 浜崎 裕治】

関連記事