2024年04月16日( 火 )

22年地価公示は「ららぽーと効果」顕著に(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

商業地

上昇率7位(県内4位)

「清川2-4-19」(ウインステージ天神南)

清川2-4-19
清川2-4-19

 公示価格は53万円/m2で、前年の46万円/m2から15.2%上昇(前年は15.0%上昇)した。21年の地価調査で全国3位(商業地)となった「中央区高砂2-6-23」(ストゥーディオ南天神)から徒歩4分の位置にあり、こちらも天神エリアの拡張と七隈線延伸による影響と見られる。周辺はオフィスやマンション、飲食店などが集積するが、日赤通り西側と比べると落ち着いた印象がある。12階建・66戸の単身向け賃貸マンション「ウインステージ天神南」は、百年橋通りと住吉通りをつなぐ道路沿いにあり、形状などが中庸である「中庸性」が重視される標準値としては、珍しく角地にある。

上昇率8位(県内5位)

「天神4-2-34」(応研(株))

天神4-2-34
天神4-2-34

 公示価格は183万円/m2で、前年の159万円/m2から15.1%上昇(前年は10.4%上昇)した。21年の地価調査で全国10位(商業地)となった「中央区天神4-3-8外」(ミーナ天神・ノース天神)の近隣に立地しており、会計システム開発の応研(株)が所有・入居している。こちらも日銀通りと弁天橋通りが交差する角地。なお、応研は21年10月に旧・都久志会館を取得。現在、解体工事が進められており、解体後は応研が自社ビルを開発すると見られている。
 北側には須崎公園があり、道路を挟んで隣接するコインパーキング跡地では(株)タカラレーベンが分譲タワーマンション開発を進めている。完成は24年2月を予定。また、ミーナ天神・ノース天神は8月に一旦閉鎖し、23年4月のリニューアルオープンに向けて内外装の改装が行われる。福岡スタンダード石油(株)が18年に取得し、将来的な建替えも視野に入れながら運用を続けてきたが、建設費高騰などの影響からリニューアルを選択した。

都久志会館(21年12月撮影)
都久志会館(21年12月撮影)

上昇率9位(県内6位)

「名島3-2-16」(ホンダカーズ福岡東店)

名島3-2-16
名島3-2-16

 公示価格は27万円/m2で、前年の23.5万円/m2から14.9%上昇(前年は8.8%上昇)した。国道3号線の沿線にあり、JR千早駅からも近く、価格上昇は再開発で住宅地として人気が高まっている「千早エリア」の高騰によるものと見られ、天神・博多の拡張、七隈線延伸とは一線を画す上昇でのランクインとなった。

上昇率10位(県内7位)

「博多駅東3-3-16」(川清ビル)

博多駅東3-3-16
博多駅東3-3-16

 公示価格は116万円/m2で、前年の101万円/m2から14.9%上昇(前年は10.4%上昇)した。地上7階建で低層には歯科医院などのテナントが入り、上層階は賃貸マンションとなっている。博多駅から徒歩10分圏内と近く、博多エリアの拡張が上昇の主要因と見られる。近隣には中比恵公園があり、合同庁舎やオフィスビル、飲食店舗が並ぶ。

【永上 隼人】

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事