2022年06月28日( 火 )
by データ・マックス

【追悼】森山靖章氏(福岡中央銀行元頭取)逝去

森山 靖章 氏(福岡中央銀行元頭取)
森山 靖章 氏
(福岡中央銀行元頭取)

    森山靖章氏(福岡中央銀行元頭取)が逝去されたという情報が飛び込んできた。89歳だった。ご本人との年賀状のやり取りは2012年から途切れており、そのころから体調を悪くしていた旨をご本人から聞いていた。

 故人は豪快さと思いやりを具備した誠の紳士であった。河童伝説で有名なうきは市吉井町出身の故人は取材の過程で、「九大教養部時代には久大線を利用して久留米経由で博多駅まで、そしてちんちん電車で六本松まで通学していた。2時間半かかっていたかな」と語っていた。その時の笑顔が今でも忘れられない。

 下記は故人の経歴である。故人は1955年に福岡銀行に入行した。同行が経営危機に陥っていたことを知る人は、昨今は少なくなったものと思われる。故人が入行された時期は「炭鉱融資」で焦げ付き、経営が苦しい状態だった。そうした経営環境で学んだことが、「顧客に誠心誠意接する」ということである。故人はこの姿勢を貫いた。その結果、企業経営者たちのなかに数多くのファンを形成することとなった。

 福岡銀行常務、専務を7年務めた後、福岡中央銀行専務、頭取、会長を歴任。命を受けた部署で、必ず実績を残されてきたことは誰もが認めるところである。

 故・森山靖章氏のような記憶に残るバンカーが稀有になってしまった。天国では河童と戯れてください。合掌【児玉】

森山靖章氏 経歴

1933年2月27日生

【学歴】
1955年3月 九州大学経済学部卒業

【職歴】
1955年4月 (株)福岡銀行 入行
1987年6月 同 取締役就任
1988年6月 同 常務取締役就任
1993年6月 同 専務取締役就任
1995年6月 同 専務取締役 退任
1995年6月 (株)福岡中央銀行 入行
      専務取締役就任
1996年6月 同 取締役頭取就任
2001年6月 同 取締役会長就任
2005年6月 同 相談役就任
2013年2月 同 相談役退任

【主な公職】
福岡商工会議所副会頭(2002年11月~08年10月)
更生保護法人福岡県更生保護協会理事長(05年4月~08年3月)

【賞罰ほか】
2003年11月 旭日双光章受章

関連キーワード

関連記事