2024年06月23日( 日 )

ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(1)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
約20mの巨大なガンダム立像が屹立するフォレストパーク
約20mの巨大なガンダム立像が屹立するフォレストパーク

ついに開業!九州初のららぽーと

 福岡市博多区那珂の青果市場跡地で開発が進められていた「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(以下、ららぽーと福岡)が4月25日、いよいよ開業を迎えた。天気にも恵まれた開業初日は、平日にもかかわらず多くの来場者が訪れ、福岡および九州初となる噂の「ららぽーと」を思い思いに楽しんでいた。

 施設入口にあたる筑紫通りに面したフォレストパークには、九州初の実物大ガンダム立像となる「RX-93ff ν(ニュー)ガンダム」が屹立。高さ約20mの巨大なガンダム立像は見る者を圧倒し、来場者らは老若男女を問わず「大きい」「すごい」などの感嘆の声を漏らしながら、スマホを構えて写真を撮るなど、ららぽーと福岡のシンボルとして唯一無二の存在感を放っている。JR鹿児島本線側の入口では、立体的な階段状の花壇からなるフラワーパークや、巨大な中庭状のオーバルパークが来場者を出迎える。ただし、多くの人はそのまま施設屋内に入っていくようで、エントランス部分での滞留はほとんどなく、筑紫通り沿いのガンダム立像前ほどの賑わいはなかった。

フラワーパークとオーバルパークが面するJR鹿児島本線側の入口
フラワーパークとオーバルパークが面する
JR鹿児島本線側の入口

 三井不動産が展開するリージョナル型ショッピングセンター・ららぽーと福岡は、「ららぽーと」ブランドとしては九州初進出となる大型複合商業施設で、開発にあたっての事業主体は、三井不動産(株)、九州電力(株)、西日本鉄道(株)の3社が共同で設立した博多那珂6開発特定目的会社。青果市場跡地の敷地面積約8万6,600m2に建てられたS造地上5階・地下1階建の店舗棟や、S造地上7階建の立体駐車場棟2棟などで構成され、全体の延床面積は約20万6,400m2、駐車場は約3,050台分を確保している。

 施設の大きな特徴として、1~5階の全フロアの屋内外に「オーバルパーク」「スポーツパーク」「アグリパーク」「メディアパーク」などの9つの多彩なパーク(広場)を配置。子どもから大人まで、幅広い世代のお客が交流し、新しい体験に出会い、遊びもくつろぎも満喫できる場としている。

中央部に設けられた吹抜空間
中央部に設けられた吹抜空間

 店舗棟の内部は、中央部に1~3階部分にわたって吹抜空間が設けられているほか、1~3階部分は各階ごとに大きく回遊できるかたちの通路に沿って店舗が配置。九州初出店57店を含む全222店が並んでおり、「福岡初」「新業態」などを冠したさまざまな個性ある店舗を取りそろえた。また、店舗棟の4階部分には、最新設備を備えた9スクリーン・1,322席のシネコン「TOHOシネマズ」が入るほか、「ガンダムパーク福岡」が入居。ガンダムパーク福岡の入り口には12分の1サイズのνガンダム&サザビー立像が立ちならび、ガンダムとコラボレーションした体感型アクティビティ施設のほか、グッズ販売やアミューズメント機能などが盛り込まれており、ガンダムを中心とした複合エンターテインメント施設となっている。

ガンダムパーク福岡
ガンダムパーク福岡

【坂田 憲治】

▼関連記事
ららぽーと福岡関連記事一覧

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事