2022年06月26日( 日 )
by データ・マックス

 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。
 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部

博多SOUTH・竹下・大橋エリア|まちづくりvol.48

水道創設100周年、福岡市の節水型都市づくり
水道創設100周年、福岡市の節水型都市づくり
 福岡市の水道事業は、1923(大正12)年の曲渕水源地(現・曲渕ダム)、平尾山浄水講場(現・福岡市植物園)からの通水開始でスタートを切った。
政治・社会
公共と資本のレイヤー(スピンオフ)「場外」だけになった築地市場
公共と資本のレイヤー(スピンオフ)「場外」だけになった築地市場
 「築地ワンダーランド」という築地市場を題材にしたドキュメンタリー映画が好きで、何度か見ているのだが、その現地の様子をたしかめるため今年4月末、築地を訪れた。
企業・経済
筑後川本格改修100周年、レジリエンス強化へ
筑後川本格改修100周年、レジリエンス強化へ
 国による本格的な筑後川の治水対策は、来年で開始から100周年を迎える。近年、筑後川流域では洪水被害が頻発しているが、筑後川河川事務所の吉田大所長は、同流域は日常的には豊かな恵みをもたらす地域であり、リスクのみならず恵みも認識することの大切さを強調する。
国土交通省 九州地方整備局 政治・社会
ららぽーと至近「ブライトクロス博多」誕生へ
ららぽーと至近「ブライトクロス博多」誕生へ
 4月25日にオープンした「ららぽーと福岡」の周辺エリアでは、新築分譲マンションの開発ラッシュを迎えている。
建設・不動産 企業・経済 ららぽーと福岡
ららぽーと福岡へはシェアサイクル?バス?徒歩?
ららぽーと福岡へはシェアサイクル?バス?徒歩?
 ゴールデンウィーク中に、ららぽーと福岡までの交通手段および混み具合について調査した。
ららぽーと福岡 政治・社会
「いますぐ客」を捨てて「潜在客」にアプローチしよう
「いますぐ客」を捨てて「潜在客」にアプローチしよう
 今回は、「潜在客」と「顕在客」についてお話しします。「潜在客」とは、その名の通りニーズが潜在している、つまり顧客が自分の欲求に気づいてない状態です。
エンドライン 企業・経済
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(4)
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(4)
 さて、ここまでは博多SOUTHについて述べてきたが、ららぽーと開業による影響が色濃いと思われる、もう1つのエリアについて述べておこう。以前、本誌vol.26(20年7月末発刊)でも触れたことのある、南区・大橋エリアだ。
企業・経済 ららぽーと福岡
「建物」「人」「財産」を守る防水工事業
「建物」「人」「財産」を守る防水工事業
 津上『建物における防水工事の大きな役割は、降雨水や生活用水などを遮断して漏水を防ぐことで、建物の耐久性を高め、建物内部の生活空間にいる人間を守るだけでなく、建物に収められたさまざまな財産までも守ることです...
建設業界 職人不足問題への提言 建設・不動産 企業・経済
こうすれば成功する!デジタルマーケティング(5)マップを使ったMEO
こうすれば成功する!デジタルマーケティング(5)マップを使ったMEO
 MEOとはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称で、Googleマップでの検索結果において、「Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)」を上位表示させる手法です。
HOA デジタルマーケティング活用方法 企業・経済
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(3)
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(3)
 周辺エリアの博多SOUTHでは、ららぽーと福岡の開業前から分譲マンションの開発が相次いでいる
企業・経済 ららぽーと福岡
「棲みごこち」と商業はどこまで混ざるか【1】 人口減少下にあるべき商業とは(後)
「棲みごこち」と商業はどこまで混ざるか【1】 人口減少下にあるべき商業とは(後)
 近代の日本では、重化学工業を旗手とする目的合理主義にひたすら片寄った都市形成をしてきた。そのなかで「文化」は邪魔者であり、余計なものとして見捨てられてきた。
企業・経済
スーパーゼネコン決算、「工事採算の低下」顕著に(後)
スーパーゼネコン決算、「工事採算の低下」顕著に(後)
 建設投資は引き続き活況にありながらも、資材価格高騰に悩まされるスーパーゼネコン5社の直近決算を見てみよう。
建設・不動産 企業・経済
物価高騰で国交省がゼネコンへ聞き取り
物価高騰で国交省がゼネコンへ聞き取り
 活況な建設市況下でのコロナ禍で、原材料費が高騰している。政府はこういった状況を踏まえ、「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」に乗り出した。
建設・不動産 企業・経済
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(2)
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(2)
 ららぽーと福岡が立地する博多区那珂や隣接する竹下などのエリアは、1955年に福岡市に編入されるまでは「筑紫郡那珂町」だった。
企業・経済 ららぽーと福岡
「棲みごこち」と商業はどこまで混ざるか【1】 人口減少下にあるべき商業とは(中)
「棲みごこち」と商業はどこまで混ざるか【1】 人口減少下にあるべき商業とは(中)
 超大型商業施設という大味の集客装置は、どのように周辺環境に溶け込んでいくのか。「場所」「規模」「趣向」がそれぞれ少し異なる事例と比較してみたい。
企業・経済
スーパーゼネコン決算、「工事採算の低下」顕著に(前)
スーパーゼネコン決算、「工事採算の低下」顕著に(前)
 5月13日までに竹中工務店を除くスーパーゼネコン4社の決算が出そろった。全社が増収をはたしたが、資材価格高騰などによる工事採算性の低下から、鹿島建設と竹中工務店を除く3社が大幅減益を余儀なくされている。
建設・不動産 企業・経済
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(1)
ららぽーと開業で変わる!?博多SOUTHと南区・大橋(1)
 福岡市博多区那珂の青果市場跡地で開発が進められていた「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」が4月25日、いよいよ開業を迎えた。
企業・経済 ららぽーと福岡
「棲みごこち」と商業はどこまで混ざるか【1】 人口減少下にあるべき商業とは(前)
「棲みごこち」と商業はどこまで混ざるか【1】 人口減少下にあるべき商業とは(前)
 都心部の超高層マンションを売り切ったお金で開発費を払い、残りを利益として手に入れる。有名なショップを組み合わせて呼び込めば、人が集まる。そんな開発型の利益モデルは、今やほとんどの地方都市にとって参考にならないものだ。
企業・経済 ららぽーと福岡
成年年齢の引き下げ
成年年齢の引き下げ
 明治以来約140年間、日本では成年年齢は20歳と民法で定められていましたが、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に変更になりました。
岡本綜合法律事務所 政治・社会