2022年08月13日( 土 )
by データ・マックス

【7/3】元台湾総督明石元二郎ドキュメンタリー映画上映会

明石元二郎ドキュメンタリー映画『我、死して護国の鬼とならん』上映会

 福岡県出身で第7代台湾総督(1918年7月~19年10月)を務めた陸軍大将の明石元二郎のドキュメンタリー映画『我、死して護国の鬼とならん』の上映会が7月3日(日)、福岡市総合図書館で開催される。明石は日露戦争において活躍したほか、台湾におけるインフラ整備などの業績が現地でも評価されているという。

 同人をめぐって、日本の歴史や伝統の継承などに取り組む福岡県郷友連盟により顕彰碑の建立資金の呼びかけが行われ、4月23日、筥崎宮外苑に顕彰碑が建立されている。

 映画の制作・監修は、井上政典氏(九州・歴史・観光戦略研究所)、門田隆将(作家・ジャーナリスト)、穂高ゆう(元タカラジェンヌ)などが出演している。上映会の詳細は下記の通り。

■EVENT INFORMATION
<日時>
7月3日(日)
午後1時~ 午後3時半(入れ替え制)
<会場>
福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
(福岡市早良区百道浜3-7-1)
<会費>
2000円(記念誌付き)
<問い合わせ>
井上政典氏(090-3280-4025)
森田拡貴氏(090-3075-3123)

【茅野 雅弘】

関連記事