2024年04月21日( 日 )

看板を認知だけで終わらせていませんか?

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 今回はシンプルに、「看板を認知だけで終わらせていませんか?」というお話をします。
 不動産や住宅を販売する際、「野立看板」もしくはモデルルーム前に「A型看板」を設置しますよね。その際には必ず「チラシBOX」も設置しましょう。

「野立看板」「A型看板」には必ず「チラシBOX」も設置

 お客さまが御社の物件に興味をもったとしても、「集客」につなげるには行動のトリガーが必要です。そのためにも、チラシBOXには必ずチラシを入れるようにしましょう。それだけで問い合わせは増えます。

「集客」につなげる行動のトリガー

 また、看板からウェブサイトへのアクセスを増やすため、看板にQRコードを大きく入れましょう。QRコードはチラシに入れても、現地の広告には入れていない会社さまがほとんどです。現地の広告だけでは、詳細情報まで記載できないかと思いますが、ウェブサイトに引き込むことで、詳細内容や建物が完成したときのイメージ写真を見られ、物件の良さをよりPRできます!

【賃貸物件の場合】
 入居者募集幕(看板)にQRコードを載せて、物件の詳細を掲載したウェブサイトへ誘導。

賃貸物件の場合

【新築マンションの場合】
 建設現場の仮囲いにQRコードを載せて、物件の詳細を掲載した特設ページに誘導。

新築マンションの場合

 いかがでしたでしょうか?看板を認知だけで終わらせずに、顧客に行動してもらうことが大事です。ぜひ、やってみてくださいね。


<プロフィール>
山本 啓一
(やまもと・けいいち)
1973年生まれ。大学に5年在学し中退。フリーターを1年経験後、福岡で2年ほど芸人生活を送る。漫才・コントを学び舞台や数回テレビに出るがまったく売れずに引退。27歳で初就職し、過酷な飛び込み営業を経験。努力の末、入社3年後には社内トップとなる売上高1億円を達成。2004年、31歳でエンドライン(株)を創業。わずか2年半で年商1億2,000万円の会社に成長させる。「エッジの効いたアナログ販促」と「成果が見えるメディアサービス」でリアル店舗をモリアゲる「モリアゲアドバイザー」として、福岡を中心として全国にサービス展開中。

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事