• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月15日 07:01

愚の骨頂、ウクライナと南シナ海問題を同列視した安倍首相(5) SNSI中田安彦レポート 

副島国家戦略研究所(SNSI)中田 安彦 氏

img_sea 南シナ海の問題は国際法解決のついていない、中国、台湾、ベトナム、フィリピンなど複数の国がそれぞれ領有権を主張する問題であり、ウクライナ問題はウクライナとロシアの勢力圏争いの問題だ。安倍晋三首相は南シナ海問題を地政学的な緊張として理解させたいのだろうが、2つは違う問題だ。そもそもウクライナは実際に内戦に突入しているけれども、南シナ海の問題はまだそのような衝突も起きていない。そういう状況下で、このような同列化をするのは危機を助長する以外の何ものでもない。
 強いて言えば、この2つの問題で共通しているのはアメリカのネオコン派やヒラリー・クリントン国務長官に代表されるタカ派が争いを深刻化させていることくらいだ。

 そして、この南シナ海とウクライナのリンケージという視点を安倍首相に提供したのも、おそらく、ウクライナ政変仕掛人のひとり、ジョン・マケイン上院議員だろう。というのは、マケイン上院議員はウクライナ同様に、今年の2月くらいから中国の南シナ海の海洋進出についても、岩礁の埋め立てに対し「国際社会への直接的な挑戦」であり、阻止のため包括的戦略を策定するよう米政府に求めているからだ。マケイン上院議員は2013年秋から14年の初頭にかけてユーラシア紛争を仕込み、その後、14年夏頃には中東でイスラム国台頭を演出し、今年始めになって中国の海洋進出問題をクローズアップさせるという動きをしている。ロシア、中国のようなユーラシアの国々を軍事的に封じ込めることが狙いだろう。
 シリアとイラクでのスンニ派の過激派であるイスラム国やその他の勢力を、アメリカが育成している。それは、シリアのアサド政権とイランのハメネイ政権のバックにはロシアがいるからだ。冷戦の闘士であるマケイン上院議員は老いてなお、自由主義を広める戦いを主導しているということだ。しかし、これは世界中に紛争のタネを撒いているというだけの無責任な行動である。

 現在は米上院の軍事委員長である軍需予算を取り仕切る立場にあるジョン・マケイン上院議員が、南シナ海問題で中国とアメリカの緊張関係を増幅させ、その結果アメリカの軍需産業に回る予算を増やそうとしていることについては、様々な状況証拠がある。例えば、CSISの写真公表後にマケインら一部議員は米海軍が主催する2016年環太平洋合同演習(リムパック)への中国の招待を撤回するよう求める書簡をカーター国防長官に送っている。マケインがまたしても軍事的緊張をあおっているわけだ。

 偶然というべきか、日本の、ジョン・マケインともなかなか親しい民主党の長島昭久衆議院議員も南シナ海の問題に関心があり、安保法制特別委員会の国会審議がもっぱら中東ホルムズ海峡での機雷掃海についての憲法解釈で喧々諤々の議論となっているなか、国会質問の際、南シナ海で紛争が発生した場合、集団的自衛権の要件となる「存立危機事態」が適用される可能性について追及した。ただし、これに対して中谷防衛大臣が「自衛権行使の新3要件に合致した場合は、法理論上は可能だ」という答弁を引き出した。これは6月9日の「読売新聞」が報じている。

 つまり法理論上は可能ということは、あとは時の政権の判断ということになってしまうのだ。マケイン上院議員らから強く圧力をかけられた場合には、安倍政権が断れるかどうかは甚だ疑問だ。

 また、最悪の「存立危機事態」に至らなくても、その前段階の「重要影響事態(むかしは周辺事態とよんでいた)」に該当するような緊張が発生すれば、政府の政策判断で、新設される自衛隊法95条の2「武器等防護(アセット防護)」の考えに基づいて、米軍や自衛隊の武器等を守るという名目で自衛のために反撃できる仕組みが作られてしまっている。

(つづく)

<プロフィール>
nakata中田 安彦 (なかた やすひこ)
1976年、新潟県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、大手新聞社で記者として勤務。現在は、副島国家戦略研究所(SNSI)で研究員として活動。主な研究テーマは、欧米企業・金融史、主な著書に「ジャパン・ハンドラーズ」「世界を動かす人脈」「プロパガンダ教本:こんなにチョろい大衆の騙し方」などがある。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告NEW!

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網NEW!

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)NEW!

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」NEW!

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)NEW!

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験NEW!

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)NEW!

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop