2024年06月23日( 日 )

隠れた住民憩いの公園「平和南緑地」

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

平和南緑地保全地区案内図

特別緑地保全地区

 誰でも自由に利用していい土地・施設であることがわかったので堂々と楽しむことにしたのだが、そうなると次の心配は、いずれ開発されて住宅地になってしまわないかということ。平和南緑地の今後の活用についても質問した。

 「特別緑地保全地区では、建築等の行為が制限されているため、マンション等の建築はありません。都市のなかの貴重なみどり資産を守るため、地域の方に関心をもっていただき、日常のレクリエーション利用の他、緑の保全活動や学びの場として活用していただきたいと思います」(福岡市住宅都市局公園部運営課)。

展望台に近づくほど道幅が狭くなる
展望台に近づくほど道幅が狭くなる

 都市に住むと、どうしても自然と触れ合う機会が少なくなってしまう。平和南緑地ならば、道路を挟んですぐ向こうに森が広がっているので、特別な準備などは必要なく、気軽に自然を楽しめる。ただし、火気厳禁なので、その点は注意が必要だ。福岡市で最も古い高宮浄水場は、老朽化のため2024年に廃止が決まっているが、仮に今後そこにマンションや住宅が経つとしたら、この平和南緑地が庭になりそうで筆者としては羨ましい。浄水場跡地に何ができるかは、今後も追いかけていきたい。

傾斜
傾斜

 長年、平和に隣接する「小笹」に住む筆者であるが、平和南緑地には初めて踏み入った。平和南緑地は、近づくほど道幅が狭くなる。傾斜もそれなりにある。ちなみに、ガードレールの支柱を基準に測定すると、角度は15度(勾配26%)だった。急勾配で全国的に有名な通称「ベタ踏み坂」(鳥取県境港市渡町~島根県松江市八束町江島)でも約6%とのことなので、どれだけ急な坂なのかがわかる。クロスバイクなどのスポーツ自転車に乗る人間にとっても、15%を超えると「激坂」と表現する。筆者はクロスバイクで挑戦したが、数mで早々に挫折した。
 平和南緑地の各入り口にバイク、自転車ならば駐車・駐輪するスペースはあるが、自動車用の駐車場はない。コインパーキングも500m以上離れたところにしかなく、つくづく平尾周辺の住人の方のための場所だと感じた。

【外部ライター・奥野 晃市】

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事