2024年05月19日( 日 )

隠れた住民憩いの公園「平和南緑地」

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
高宮浄水場
高宮浄水場

街中に突然森が出現

 福岡市南区平和──住宅街として知られるこのまちに、「突然森が出現」するエリアがある。平和に豊かな自然のイメージはなかった。その森は、公園のように多少の木々がある程度ではない。住宅地から道路を挟んで、突然森が現れるのだ。森のなかに踏み入ると、ついさっきまで住宅街にいたことを疑うほど、山中のような景色が広がる。ここは「平和南緑地」という。土地を管理する福岡市に、ここがどういった場所なのかを聞いた。

突然現れる「森」
突然現れる「森」

 「平和南緑地は、都市公園法に規定する都市緑地です。また、都市緑地法に規定する特別緑地保全地区でもあります。特別緑地保全地区とは、都市における良好な自然的環境となる緑地を指定し、建築行為など⼀定の行為を制限することで、緑地を保全する制度です。もともとは鴻巣山と⼀体の山林であったところですが、1953~64年の平尾土地区画整理事業で周辺が開発されるなかで、一部が緑地として福岡市に帰属されました。その後、76年に特別緑地保全地区に指定され、現在に至っています」(福岡市住宅都市局公園部運営課)。

_平和南緑地の内部
平和南緑地の内部

 つまり、もともと山だったところが次第に住宅地となっていくなかで、ここだけ山の姿を残しているということだ。

 平和南緑地の南部、高宮浄水場のすぐ隣には、360度福岡市が見わたせる展望台がある。展望台について市同課に訊ねると、「緑地内には、散策園路と展望台があります。⼀般の方も⾃由に利用できる施設ですが、⾃然の緑地内ですので、野生動物やハチなどの昆虫がいることがあります。散策に適した服装でご利用ください」と話してくれた。

展望台
展望台

【外部ライター・奥野 晃市】

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事