2024年04月19日( 金 )

【福岡県】物価対策で医療施設などを支援 補正予算約72億

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県は物価高騰対策として、医療・福祉・教育施設に対し、光熱費等の上昇分を支援する。支援策を盛り込んだ9月補正予算(追加提案分)が、29日の県議会定例会で採択された。

 今回の補正予算の総額は72億5,300万円。内訳は、医療施設等への37億3,485万円(光熱費・食材費が対象)、社会福祉施設への29億5,466万9千円(光熱費・食材費・燃料費が対象)、保育施設への2億1,132万1千円および私立幼稚園、私立学校への2億8,964万6千円(いずれも光熱費・燃料費が対象)など。また、県内に250箇所ある子ども食堂への支援として600万円を計上した。

【茅野 雅弘】

法人名

関連キーワード

関連記事