2015年 03月 10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年02月10日 05:50

一蘭の一寸法師戦略~弱者が強者に勝つ!

itiran 1993年に1号店を開店し、着実に業績を伸ばし続け、今年度の年商100億円を達成する企業へと成長した(株)一蘭。現在、国内51店舗(2014年12月現在)、海外は2013年に出店した香港、2015年にはNYに2店舗と海外へも展開を進めている。

 独自のシステムや従業員の教育などが評価を受け、「ハイサービス日本300選」や「おもてなし経営企業」など数々の賞を受賞する企業としても知られている。そこには大学在学中の20歳から商売を始めて約30年、吉冨社長が大切にしてきたこと、自身の経験から学び実践してきたこと、従業員に教えてきたことなど、数多くの戦略がある。それらを体系的にまとめたものが「一寸法師戦略」、つまり“商売の秘訣”だ。

 美味しいラーメンを、より一層美味しく味わっていただくため、のれん・仕切り壁を設置した「味集中カウンター」や声を出さずに注文できる「オーダーシステム」などを導入したことで高い知名度を有する同社。

 吉冨社長は、お世話になった方々への恩返しと地域経済の活性化への一助を担えればとの思いから、周辺地域の清掃活動、ボランティアでの講演活動、教育現場への支援など、社会貢献にも積極的に取り組んでいる。なお、当日受付も行う。同社の一寸法師戦略に興味がある方は下記までご連絡を。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop