• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月22日 11:18

韓国経済ウォッチ~5カ月連続の輸出減少(前) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 韓国銀行は、財貨とサービスの輸出入総額を国民総所得で割って算出する貿易依存度を毎年発表している。その統計によると、韓国の2011年度の貿易依存度は113.5%、12年度は112.8%、13年度は106.1%、14年度は99.5%である。このように、韓国は貿易依存度がかなり高く、輸出は韓国経済成長の一番大きな支えになっている。

airport ところが、今年になって輸出額は5カ月連続で減少していて、韓国経済への悪影響が懸念されている。内需が低迷しているなかで、韓国経済の最後の頼りでもある輸出が減少しただけに、韓国政府では今後の行方に神経をとがらせている。
 さらに、通常ならば輸出が減少すると経常収支の黒字額が減少し、その結果ウォンが安くなって、輸出の価格競争力を取り戻すメカニズムが働くが、今回は輸出が減ったにも関わらず、輸入が相対的にもっと減少することで経常収支は黒字が続き、ウォン高になっている。
 一方、日本は超量的緩和策を実施して円安に誘導しているし、中国も金利の引き下げで、ウォン高はなかなか解消されるどころか、ウォン高がよりいっそう進み、韓国の輸出は苦戦を強いられている。
 最近、MERSの影響で、内需の大きな埋め合わせであった観光収入も急減し、 韓国経済は大打撃を受けている。韓国経済のさらなる悪化を懸念するなかで、輸出減少は一時的な現象で輸出が再び増加して活気を取り戻せるのか、それとも輸出鈍化は避けられないものか、今回考えてみたい。

 産業通商資源部によると、15年5月の輸出額は前年同月比で10.9%減少したことが明らかになった。月間の輸出額が2ケタの減少幅を記録したのは、世界金融危機のあおりを受けた09年8月以来、5年9カ月ぶりである。
 5月の輸出額は423億9,200万ドルで、輸入額は15.3%減の360億7,200万ドル、貿易収支は63億2,000万ドルの黒字となった。

 輸出額の減少が深刻に受け止められている理由は、輸出額の減少が続いていることと、減少幅が拡大している点である。
 15年1月には、前年同月比0.9%の減少、2月には3.3%の減少、3月には4.3%の減少、4月には8.1%の減少、5月にはそれがもっと拡大して2ケタの減少になっている。

 このままの状況が続くと、今年の輸出総額は5,620億ドルくらいになって、3年ぶりに前年対比で1.9%くらい輸出が減少することになるだろうと韓国銀行では予測している。
 韓国経済において、前年対比で輸出が減少したのは、過去4回(1998年(2.8%減少)、01年(12.7%減少)、09年(13.9%減少)、12年(1.3%減少))だけである。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop