• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月25日 15:27

18歳選挙権目前、福岡市の啓発活動や主権者教育は?

 「18歳選挙権」が2016年6月施行され、同年夏の参院選挙から適用が見込まれ、若者の政治参加の促進、啓蒙は急務の課題だ。開会中の福岡市議会一般質問で24日、田中慎介市議(福岡市民クラブ)が高校生への啓発活動など投票率向上について取り上げた。

福岡市の18歳、19歳人口は約2万8千人

 市選挙管理委員会などの答弁によると、福岡市の投票率は政令市のなかで低い方から3番目(2015年4月に市議選を実施した17政令市比較)の40.81%。年代別にみると、若い年代ほど投票率が低く、20代では2割を切っている。
 一方、福岡市の18歳、19歳の人口は合計で2万8,364人(2015年5月末時点)であり、選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられることによって、新宮町や須惠町など1つの自治体の人口に匹敵する有権者が一気に増加することになる。

田中議員「高校での投票環境の向上は喫緊の課題」

school_gakusei 田中議員は、来年夏の参院選挙では、現在の高校2年生が投票することになるとして、高校生に対するアプローチの重要性を取り上げ、「高校での投票環境の向上は喫緊の課題」と指摘。東京都練馬区や福島県などの先進事例として、模擬投票、選挙事務への参加(投票用紙の交付や選挙人名簿との照合など)、投票する度にスタンプを押して自分の生涯投票率を記録できる「選挙パスポート」交付などを紹介、提案した。他都市の取り組みを分析して、市立高校4校での近い将来の実施を目指すべきだと迫った。
 市教育委員会は、「市立高校においても選挙について理解を深める学習が重要であると認識している。今後、文科省や他都市の状況をふまえ、選挙管理委員会と連携しながら市立高校の取り組みを検討していく」と答えた。

 また、田中議員が、小中学校での模擬投票の実施例を挙げて、義務教育9年間中の模擬投票の実施や主権者教育の充実を求めたのに対し、市教育委員会は「選挙権の拡大に伴い、小中学校においても主権者としての自覚を育てる教育はこれまで以上に重要になる」との認識を示し、他都市の取り組みを参考にして「主権者としての自覚を育む教育」の充実の検討を約束した。

 田中議員は、大学・専門学校と連携した「若年層に対する選挙投票啓発」キャンペーンやイベントの実施や、大学生の選挙啓発ボランティア「CECEUF(セセウフ)」へのサポートなども求めた。

老人ホームなど指定施設での不在者投票

 田中議員の一般質問では、市全体の投票率の低下についても、突っ込んだ論戦があった。
 田中議員は、福岡市も以前は政令市のなかで投票率トップの札幌市と並んで投票率の高い政令市だったとして、「低下に歯止めがかからない」「他政令市に比べて低投票率」「若い世代ほど投票率が低いのと同時に、選挙ごとに各年代で投票率が低下している」と指摘した。「危機感を持って、投票率向上させるためにあらゆる視点から対策を講じていく必要がある」として、投票率向上のために、転入者への啓発、老人ホームなどの不在者投票指定施設の拡充を取り上げた。

 指定施設での不在者投票とは、病気やけがなどで歩行が困難で老人ホームや病院などに入所・入院している有権者で、その入所・入院している施設が不在者投票の指定施設になっている場合、施設で不在者投票ができる制度だ。
 福岡市では、病院111カ所(総定員22,294人)、老人ホーム88カ所(同7,684人)、身体障害者支援施設3カ箇所(同180人)が指定を受けている。
 病院・有床診療所の15.6%(病床数ベース)、老人ホームの55.3%(定員ベース)が指定を受けていない実態が浮かび上がった。

 田中議員は、入院やけがなどで投票所までいけない条件は同じにもかかわらず、指定施設でないために不在者投票制度を利用できない有権者が存在する状況を「放置してはならない」として、「指定の割合」を上げていくことが重要だと求めた。
 市選管は「施設の指定は都道府県の選挙管理委員会が行うこととなっているため、未指定の施設について指定していくことができないか相談していきたい」と答え、取り組みに前向きな姿勢を示した。

【山本 弘之】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop