2024年04月14日( 日 )

【博多駅前殺人事件】元交際相手を殺人容疑で逮捕、中洲で勤務か

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 福岡市博多区のJR博多駅前の路上で16日夜、会社員の川野美樹さん(当時38歳)が胸などを刺されて殺害された事件で、福岡県警は18日、川野さんの元交際相手の飲食店従業員、寺内進容疑者(31)を殺人容疑で逮捕した。寺内容疑者は容疑を認めているという。

 寺内容疑者は事件後、行方が分からなくなっていたが、18日に福岡市博多区の路上を歩いているのを捜査員が発見し、任意同行した。身柄を確保した際、寺内容疑者は刃物を所持していたという。

 川野さんは、かつての交際相手だった寺内容疑者からストーカー被害を受けていることを県警に相談しており、県警は昨年11月にストーカー規制法に基づく「禁止命令」を寺内容疑者に出していた。

 なお、川野さんは、九州最大の歓楽街・中洲で最も有名な老舗クラブで働いており、寺内容疑者も同店で黒服として勤務していたとの情報もある。さらにこの情報をTwitterで拡散させたのが同クラブの名物ママTだという噂も流れており、中洲関係者からは「そうまでして店を有名にしたいのか」といった声も聞かれた。

【データ・マックス編集部】

関連キーワード

関連記事