2024年06月23日( 日 )

【統一地方選2023】福岡県議選(福岡市早良区)後藤香織氏が2期目当選確実

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

    9日投開票の福岡県議選(福岡市早良区選挙区)において、立憲民主党現職で立候補した後藤香織氏(43歳)の2期目当選が確実となった。

 後藤氏は「この1期4年間は、子育て世代の当事者として、みなさんの声を届けることに尽力してきました。選挙中、たくさんの子育て世代の方々から『後藤さんしかいない』と言っていただきました。前回の1期目よりも1票1票が重く、次の2期目の4年間が本当に重いものなのだと感じました。これからさらに4年間、みなさんに寄り添い、政治を身近にし生活の声が届く、そういう社会を目指して頑張っていきたいと思います」と2期目への決意を語った。

 後藤氏は、1979年大分市日田市生まれ。愛知教育大学教育学部卒、2019年福岡県議会議員に初当選。県議会において、現在、県民生活商工委員会に所属し、ワンヘルス・地方分権調査特別委員会副委員長を務めている。立憲民主党、民主県政県議団。

 今回の福岡市早良区選挙区では定数3に対して現職2名、元職1名、新人1名の計4名が立候補していた。

【黒川 晶】

関連記事