2022年06月27日( 月 )
by データ・マックス

スカイゲイト(株)(神奈川)

再生手続廃止決定 負債総額 約22億円

 8月25日に横浜地裁へ民事再生法の適用を申請し、27日に開始決定を受けていた同社だが、9月4日に再生手続廃止決定を受け、破産へ移行することとなった。

 保全管理人は村松剛弁護士(佐藤・村松法律事務所、神奈川県横浜市中区山下町70-3、電話:045-640-0463)。再生手続開始決定後、売掛金の回収難発生などにより、再生計画通りに進まなかった模様。エステ事業の一部は9月4日、新設会社の(株)リベレーザ(東京都千代田区)に譲渡している。

 民事再生申請時の負債総額は約22億円。

 同社は、独自のホテル客室改装出店型エステサロンを全国で展開。福岡県内では博多エクセルホテル東急(福岡市博多区)1Fで「ルナカーザ博多」、ホテルクラウンパレス小倉(北九州市小倉北区)7Fで「ザ・シーズンズ小倉」を運営していた。

 

関連記事