• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月11日 14:07

中島淳一「古典に学ぶ・乱世を生き抜く智恵」(7)

劇団エーテル主宰・画家 中島淳一氏

 己の創作領域のみを棲家とし、その域を超えた活動には慎重になりがちな芸術家が多いなか、福岡市在住の国際的アーティスト、中島淳一氏は異色の存在である。国際的な画家として高い評価を得るだけでなく、ひとり芝居に代表される演劇、執筆活動、教育機関での講演活動などでも幅広く活躍している。
 弊社発行の経営情報誌IBでは、芸術家でありながら経営者としての手腕を発揮する中島氏のエッセイを永年「マックス経営塾」のなかで掲載してきた。膨大な読書量と深い思索によって生み出される感性豊かな言葉の数々をここに紹介していく。


『維摩経』に学ぶ~万物にはそれぞれかけがえのない意味があり、価値がある~

 維摩経(ヴィマラキールティの教え)は最古の大乗仏典『般若経』に次いで、ほぼ紀元1~2世紀に成立。サンスクリット語で書かれたが、現在では原本は失われている。卓越した戯曲的手法によって大乗思想の真髄である空について説かれている。
 在家の仏教徒である維摩という人物を主人公にストーリーが展開していく。彼は大富豪であり、しかも大乗仏教の空の哲理に精通した菩薩の化身として登場する。空とは善悪・美醜といった二元論的価値判断の否定であるが、その否定は単なる否定ではなく現世の肯定でもある。森羅万象にみなぎり、絶えず生き動いている積極的な命そのものなのである。ひたすら修行にうき身をやつし現世からの離脱のみを心がける聖者・出家者を徹底して愚弄する維摩の言葉のなかに、強いメッセージが込められている。

病気の根源とは何か

中島 淳一 氏<

中島 淳一 氏

 肉体は無常である。苦であり、絶えず変化する多病の器にほかならない。煩悩の愛欲からなり、中核がなく心が乱れ散るような陽炎のようなものである。この肉体は地水火風の四大元素の容器である。地は骨であり、水は血であり、火は体温、風は呼吸である。これらの元素は無我であり空である。決してそれぞれが病むことはない。執着・怒り・恐怖によって生ずる心の不調和が病気をもたらすのだ。さらには五官によって感知される現象に右往左往し、誤った観念や妄念の虜になった心の乱れが病状を悪化させるのである。
 しかし、自ら病むことによって、他の人々の病気を憐れみ、前世の苦を思い起こし、人々の利益をはかる思いに駆られ、命に対する無上の感謝の念を持って精進すればあらゆる病気を滅する医王になるであろう。

万物は不二である

 我々は生と死、正と邪、光と闇、輪廻(限りない迷い)と涅槃(悟り)という二元論の視座から物事をとらえる。
 だが、真実は不二である。2つに分けることはできないのだ。生と死を分離することはできない。肉体の細胞は日々死滅し生まれ変わっているからだ。正と邪も空の世界から観れば逆転することもあり得る。邪という難が人々を成熟させ解脱に導く不可思議もあるのだ。闇の実体を知らぬまま、室内の闇を掻き出そうとしても闇は消えない。蝋燭に火を灯せば闇は消える。
 厭世的な感情に支配されながら悟りを得ることはできない。生老病死の変転の世をいとおしく思うとき、それが涅槃(悟り)になる。この世のあらゆる煩悩こそが如来に属するのである。香り高き美しい白蓮の花は乾いた陸地には咲かない。泥水の中の州に咲く。種子は空中では生えず、地中に埋められてこそ生える。大海を渡らなければ極上の珍宝を得ることができないように、煩悩の大海に踏み込まなければ仏法は生じはしないのだ。

真の出家とは何か

 真の出家とは世俗を捨て、山中にこもり座禅をすることではない。世俗のあらゆる現象に意味と価値を見い出し、一心不乱に命を燃やすこと。輪廻に属するあらゆる煩悩を断つことなく涅槃に至る道を求めることこそが、真の出家なのである。


<お問い合せ>
劇団エーテル
TEL:092-883-8249
FAX:092⁻882⁻3943
URL:http://junichi-n.jp/

<プロフィール>
nakasima中島 淳一(なかしま・じゅんいち)
 1952年、佐賀県唐津市出身。75~76年、米国ベイラー大学留学中に、英詩を書き、絵を描き始める。ホアン・ミロ国際コンクール、ル・サロン展などに入選。日仏現代美術展クリティック賞(82年)。ビブリオティック・デ・ザール賞(83年)。スペイン美術賞展優秀賞(83年)。パリ・マレ芸術文化褒賞(97年)。カンヌ国際栄誉グランプリ銀賞(2010年)。国際芸術大賞(イタリア・ベネチア)展国際金賞(10、11年)、国際特別賞(12年)など受賞多数。
 詩集「愁夢」、「ガラスの海」、英詩集「ALPHA and OMEGA」、小説「木曜日の静かな接吻」「卑弥呼」、エッセイ集「夢は本当の自分に出会う日の未来の記憶である」がある。
 86年より脚本・演出・主演の一人演劇を上演。企業をはじめ中・高校、大学での各種講演でも活躍している。福岡市在住。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材してNEW!

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催NEW!

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年10月18日 14:14

セミナー講師必見!格安で、セミナー&DVD製作をしませんか?

 駅近でセミナーを開催したい、格安でプロに動画撮影をお願いしたい、しっかりセミナー開催を告知したい…そんなセミナー開催とセミナーコンテンツ動画を制作したい方のためのサ...

2019年10月18日 13:42

東京圏から福岡県へ~福岡県下7市7町、就業・起業を目的とした移住支援事業を受付中

 福岡県は10月10日以降に東京圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)から福岡県下の7市7町(北九州市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、古賀市、うきは市、芦屋町、桂...

pagetop