2024年04月16日( 火 )

天神中央公園(天神エリア)もPark-PFI、カフェなど設置へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県は、県営天神中央公園をPark-PFIにより再整備する方針であることがわかった。エリア全体の賑わいを創出するため、カフェなど飲食機能を有する常設の公園施設を公募する予定だという。

 公募に先立ち福岡県は、公募に向けた条

天神中央公園(天神エリア)
敷地平面図(資料:福岡市)

件設定のため、飲食店やデベロッパーなど民間事業者から幅広く意見やアイデア提案を募るサウンディング調査を実施する。7月10日には、アクロス福岡にて事前説明会が開催される予定。サウンディング調査の実施結果は、10月上旬に公表される。県は今年度中に事業者の公募を行い、来年度の着工を想定しているという。

 対象となるのは、天神中央公園天神エリア(アクロス福岡南側)の2ha。事業手法は、都市公園法に基づき、公募により選定した民間事業者に飲食店等の設置・管理を認める「公募設置管理制度」(Park-PFI)を想定している。

【永上 隼人】

▼関連記事
Park-PFI制度で福岡市内3公園を再整備(前)

法人名

関連記事