• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月13日 11:14

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(5)

 前回、シリーズ(4)で紹介した日本人ガイド神島えり奈氏の現地レポートを掲載する。今後、月1回のペースで神島氏の記事を掲載する予定だ。

シシリー島に惹かれてしまった私(前)

 2000年3月に上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京で某旅行会社に就職した。しかし、2年半後に退職し、海外で短期生活をすることに決めた。行き先はイタリア、あこがれのフランスも捨てがたかったが、イタリア語のほうが言葉の発音がしやすかったのが、その理由である。

 ロ-マで生活を始めた当初、まさかイタリアに生涯根を下ろすことになるとは、想像もしていなかった。イタリア語学校に通ってはいたものの、流暢に話せるレベルではなかった。それでも2003年7月、シシリー島のパレルモにある、日本人観光客を多く扱う、地元旅行手配会社から声がかかった。27歳の夏、やる気に満ちて降り立ったパレルモ空港は、まさに灼熱の太陽の地だった。

 パレルモには仕事ですでに2回ほどきたことはあったが、良い印象をもったことはなかった。街中に響く騒々しいクラクションと、全身を舐め回すような人々からの目線、たくさんのゴミと自動車からたちこめる排気ガスに気だるさが増した。それでも、海外生活が初めてだったこともあり、見るものすべてが新鮮に映った。住まいは会社の近くにワンル-ㇺマンションを借り、通勤は徒歩だった。

 15年前、この島で日本人は大変珍しく、人々は遠い異国の地からきた私に興味津々だった。「日本には着物を着た人ばかり歩いているのか」「サムライは今でも生きているのか」「日本は中国の中のどのあたりに位置するのか」などという具合だ。今ほどインタ-ネットが発達していなかった当時、日本という国があまり知られていないことを実感させられた。そんな地に私が今日に至るまで住めているのは、やはり、この島の人々のおかげだと思う。

 イタリアは、ガリバルディが1860年に統一して以降、わずか160年近くしか経っていない。だから、今なお地域性、土着精神が大変強い国だ。シシリー人は自分たちをイタリア人とは言わず“シシリーノ”(シシリー人)という。それは言語にも強く表れている。日本語のように誰もが話す標準語というものがないとも言い切れるくらいだ。

 トスカーナへ行っても、ミラノへ行っても、その地方ならではのアクセントが必ずある。たとえイタリア語を話したとしても、そのアクセントから、おおよそどこの街の出身かが想像つく。シシリー島の方言もまた奥が深い。長い歴史のなかで数々の支配を経て、シシリーの方言には、フランス語に似たもの、スペイン語に似たもの、ポルトガル語に似たもの、とバラエティーに富んでいる。

 また北イタリアの人に比べて、ジェスチャーの種類が多く、動作が大きいのも特徴だ。一説では時代ごとに代わる支配によって言葉が通じなかったため、やむを得ず、身振り手振りの表現でコミュニケーションをとるようになったという。実証されているわけではないが、真実味のある話ではないだろうか。そんな島にきた私は、まだ片言のイタリア語とほとんど通じない英語で何とか生活を始めた。

 市バスの中や道路を歩いていて突然、「今何時?」「(タバコを吸いたいから)ライタ-持っている?」赤の他人から声をかけられた。驚くのは、どこからどう見ても外国人の私に道を尋ねてくることだ。外国人にそれほど抵抗がないのも、彼らの体の中に流れる数々の人種が混ざっている血が関係しているのだろうか。

 生活をする内に少しずつ習得していった私のイタリア語は、すっかりパレルモ訛りが染みついてしまった。最初のうちは、とくに電話のやりとりに困った。話す相手は顔を見ていないため、私が聞き返すと、同じことを何度も繰り返していうことに嫌気がさしたような対応をされた。

 シシリー島内でも、それぞれの地方、街、村で独自の方言を使うため、田舎の村の広場で70代の年金暮らしの男性たちが話をしているのに耳を傾けても言っていることがまったく理解できないことが多々ある。しかし、その街のアクセントで話せるようになると、まるで自分もその街の住民、その街の生まれであるかのような錯覚に陥る。その感覚がどことなく心地よく、少し恥じらいはあっても、シシリー人のアイデンティティに共感できるようになった。

 情が大変強いシシリー人は、男女問わず、人間関係が蜜である。家族、親戚関係から友人関係まで、一度その輪の中に入ると他人でも家族以上の待遇をされる。しかし、裏切り行為をした際は一生その輪の中には戻れない。そういう世界なのだ。

 隣の人が何をしているのか、どんな人なのかまったく関心もなかった東京での生活から一転、濃い人間関係へと環境が変化して多少、戸惑いはあったが、自分は「1人ぼっちだ」という孤独感は感じられない毎日だった。義理人情に厚い性格は、マフィア組織にも見られる。暗黙の掟を絶対に破ってはならない、そういう組織形態は、この島の一般人にも共通する要素だと思う。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月12日 18:42

グッドライフカンパニーが上場承認 12月上場へ

   熊本市で創業し、昨年12月に福岡市博多区へ本社を移転していた(株)グッドライフカンパニー(高村隼人社長)は、12日に東証から上場承認を受けた。上場予定日は12月...

2018年11月12日 18:19

アビスパ、今季最後のホーム戦を勝利~熊本に1-0  

  石津が先制点  サッカーJ2アビスパ福岡は11日、ホームのレベルファイブスタジアムにロアッソ熊本を迎えて第41節の試合を行った。今季最後のホーム戦、スタ...

2018年11月12日 18:02

物流コスト増などで「食卓塩」値上げ

   (公財)塩事業センター(本部:東京都品川区、津田健理事長)は9日、来年4月1日出荷分から一部の家庭用食塩を値上げすると発表した。  値上げは1992年...

2018年11月12日 17:10

保育士不足も争点~福岡市

   今年8月1日時点での福岡市の未入所児童は1,599人で、そのうち、待機児童は133人に上る。今年の保育所の入所申込数は39,269人で、5年前に比べて2割程度増...

2018年11月12日 16:34

TATERUが通期予想を下方修正 現預金も大幅減へ

   預金残高の改ざんが明るみとなり注目されていたTATERUが12日、2018年12月期第3四半期決算を公表した。  同期(連結)の売上高は前年同期比2...

2018年11月12日 15:44

仮想通貨取引所という新しいビジネス(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏  仮想通貨関連の記事が毎日のように新聞を賑わしており、人々の仮想通貨への関心が高まっている。仮想通貨はコンピ...

2018年11月12日 15:31

【沖縄】米軍所属機が海上に墜落か~防衛省は「詳細を把握せず」

   米軍第7艦隊公式HPによると12日午前、米海軍のFA18戦闘攻撃機1機がエンジントラブルのために墜落した。墜落したFA18機は米空母ロナルド・レーガンから発艦し...

2018年11月12日 15:24

カジノを含めたIR設置~最初の設置は東京で決まりか

   先月このコーナーで「 IR設置許可、場所は東京・大阪で決まりか 」というIR設置をめぐる記事を掲載した。  その後、進展があって「東京が一番で場所...

2018年11月12日 15:16

【大規模修繕への取り組み】2025年には7,000億円超~拡大が見込まれる大規模修繕工事市場(後)

   矢野経済研究所の調査によると、2017年に約6,200億円だったマンション共用部修繕工事の市場規模は、25 年には7,000 億円超に達すると予測されてい...

2018年11月12日 15:02

大阪では瓦職人が荒稼ぎ

   以前、このコーナーで「 大阪府北部地震と台風21号の大阪・関西地区での被害世帯数は東日本大震災の1.5倍あり、保険調査員が足りない 」ということを報じた。...

pagetop