2024年04月21日( 日 )

高架化・新駅で熱帯びる、西鉄沿線の再開発状況(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

官民連携で高架化

 福岡県、福岡市、西日本鉄道(株)(以下、西鉄)の官民連携で進められている、西鉄天神大牟田線連続立体交差事業(以下、立体交差事業)。2022年8月には、西鉄天神大牟田線の雑餉隈駅から下大利駅までの5.2kmにおよぶ区間の高架化が完了し、西鉄電車の運行が高架上に切り替わっている。これにともない、同区間19カ所に設置されていた踏切が撤去され、慢性的な交通渋滞の解消が果たされたほか、雑餉隈、春日原、白木原、下大利の各駅舎がリニューアルされた。下大利駅では、構内に(株)西鉄ストアが運営するスーパーマーケット、レガネットマルシェがオープンするなど、駅の高度利用が進められた。

ラッシュ時の踏切渋滞 福岡県HPより
ラッシュ時の踏切渋滞 福岡県HPより

 03年度の着工から20年を経て完了した高架切替工事。24年11月末には、旧線路および仮設線路の撤去工事も完了予定となっている。県と市(国庫補助含む)、そして西鉄負担分を合わせると、総事業費1,000億円超におよぶ立体交差事業となった。同事業によって、住まいとして根強い人気を誇る西鉄沿線エリアでは、再び民間投資が盛り上がりを見せている。

新駅・桜並木駅の誕生

 立体交差事業の一環として、雑餉隈駅~春日原駅間には新駅(博多区竹丘町3丁目)が設置される。駅名は一般公募を経て「桜並木駅」に決定し、開業は24年春ごろを予定している。

 桜並木駅の開業に合わせて、高架線に沿うかたちで新たな緑道(りょくどう)や駐輪場(300台)、歩車分離を図り安全性を高める目的で交通広場も整備される。駅周辺では積水ハウス(株)の賃貸住宅シャーメゾンや、歯科医院の開発計画も進む。これらは22年11月に市が決定した、竹丘町三丁目の地区計画における鉄道駅周辺にふさわしい土地利用の誘導、回遊性の向上という目標に準ずるものだ。計画面積は約3.1ha。来春に迫る桜並木駅の開業に向けて、計画エリア内の様相はさらに変化していくだろう。開業時には約600mにおよぶ桜のアーチで知られる、桜並木通りも見ごろを迎えているはずだ。

近づく春日と大野城

 立体交差事業において、雑餉隈駅およびその周辺エリアは福岡市の、春日原駅~下大利駅間は福岡県の事業領域となる。高架化以前の春日、大野城両市を通る西鉄沿線の踏切は、朝夕のラッシュ時はまさに“開かずの踏切”だった。自動車、自転車、歩行者それぞれが踏切前で移動を遮られ、踏切をまたいでの移動を億劫に感じることもあった。

 もともと博多南部の雑餉隈や桜並木駅が誕生する竹丘町から、春日原駅(春日市)や錦町といった大野城西部までは徒歩30分程度だが、開かずの踏切の存在が間断のない縦横の移動を阻害し、実際の距離以上に遠く感じさせていた。踏切の撤去によって通過時間が大幅に短縮されたことで、体感だけでなく、心理的にも博多南部と大野城西部は接近をはたしたといえる。

春日原駅
春日原駅

 そんな博多南部と大野城西部の結節点でもある春日原駅周辺エリアでも、開発は盛んに行われている。春日原駅・西口から徒歩2分程度、JR春日駅までも徒歩5分圏内の場所で建設中なのが、(株)オープンハウス・ディベロップメントによる「オープンレジデンシア春日原」。RC造・地上14階建の全39戸で、24年9月下旬ごろ竣工予定となっている。また、春日原駅・東口から徒歩5分程度の、大野城市錦町3丁目では(株)マリモの「(仮称)アルティザ春日原駅前Ⅰ・Ⅱ」(ⅠはRC造・地上10階建、Ⅱは同8階建)の2棟が建設中。そこから筒井方面へ徒歩8分程度進んだ日田街道沿いでは、上村建設(株)によって「(仮称)プレアev筒井3丁目」(RC造・地上5階建の全20戸)が建設中だ。

 春日原駅・東口を出てすぐの場所には、朝市を開催する地元の商店などが軒を連ねる春日原東町商店街があるほか、イオン大野城ショッピングセンターもあり、エリアの生活利便性は高い。西口側から出て徒歩20分圏内には、スポーツをはじめ、芝生広場や多彩な遊具で憩いの時間を楽しむことができる、福岡県営春日公園もある。春日市と大野城市、双方の利点が得られる春日原駅周辺エリアは、今後も開発動向が注目される。

(つづく)

【代 源太朗】

(後)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事