2024年04月19日( 金 )

JR九州中間決算、純利益は中間期で過去最高約280億円

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 九州旅客鉄道(株)(本社:福岡市博多区、古宮洋二代表)は7日、2024年3月期の連結中間決算(第2四半期決算)を発表した。

 それによると、売上高は前年同期比12.1%増の1,907億3,200万円、営業利益は同139.8%増の268億1,600万円、経常利益は同136.8%増の280億5,000万円、四半期純利益は同133.2%増の279億8,900万円となり、中間期として過去最高益となった。

 セグメント別の業績は表の通り。

2024年3月期第2四半期、セグメント別業績、出典:JR九州決算資料より
2024年3月期第2四半期、セグメント別業績、出典:JR九州決算資料より

 なお、通期業績予想については、売上高は前期比8.8%増の4,170億円、営業利益は同33.1%増の457億円、経常利益は同28.6%増の459億円、当期純利益は同30.6%増の407億円としている。

【寺村 朋輝】

関連キーワード

関連記事