2024年04月16日( 火 )

JR九州、菊陽町に新駅設置へ~続くTSMC効果

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 JR九州は20日、大分駅~熊本駅までを結ぶ豊肥本線・三里木駅~原水駅間(菊陽町)に新駅を設置すると発表した。三里木駅~原水駅間の距離は3.2kmで、新駅はその中間地に設置される予定となっている。同社は18日付で菊陽町と新駅設置に関する覚書を締結していた。

 TSMCの進出にともない、菊陽町ならびに周辺エリアでは再開発が活発化する一方で、地域住民は交通渋滞に悩まされるようになっていた。新駅の誕生により自動車交通量が抑制され、交通渋滞が緩和されることが期待される。新駅は27年春頃の開業を目指している。

▼合わせて読みたい
復興特需からTSMC狂想曲へ(前)

【代 源太朗】

関連記事