2024年02月27日( 火 )

【3/27、要申込】鮫島浩氏、一般向け政局講演会ならびに議員限定意見交換会を開催

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 (株)データ・マックスは3月27日、NetIB-NEWSで掲載している「鮫島タイムス別館」でお馴染みの鮫島浩氏による政局講演会(一般向け)、議員限定の意見交換会を福岡市内で開催する。

SEMIAR INFORAMTION (1)
【一般向け】政局講演会
『6月解散総選挙 我々市民はいかに選択するか?』
講演者:鮫島 浩(元朝日新聞政治記者)

 昨年12月、自民党で政治資金パーティの収入の一部が、派閥から議員へ「キックバック」され収支報告書に記載されていなかった問題を端緒として、政局は大混迷に突入した。そして中央政界では、6月解散総選挙説が浮上している。

 一寸先は闇の政治状況だが、民主政治は市民の選挙行動によって未来を作ることができる。中央政界はこれからどのような方向に進んでいくのか、それに対して、我々市民は何を選択し、投票行動に移すべきかを探る。

<日時>
3月27日(水) 午後2時~4時
<会場>
アクロス福岡608会議室
(福岡市中央区天神1-1-1)
<定員>
100名(要事前申込)
<参加費>
4,000円

<お申し込み、お問い合わせ先>
メール:hensyu@data-max.co.jp
電 話:092-262-3388(担当:寺村)
[お申し込み時必要な情報]
1,氏名
2,電話番号(連絡先)
※複数人でお申し込みの場合は、全員の氏名をお知らせください。連絡先は代表者のみで結構です。

<主催>
(株)データ・マックス

SEMIAR INFORAMTION (2)
【議員限定】『鮫島浩 × 議員 政局意見交換会』

中央政界の動きに精通する鮫島浩氏を招き、参加者は議員に限定した意見交換会を開催する。

昨年12月にあらわになった政治資金収入の「キックバック」問題に端を発する政局の大混迷について、また、日々刻々と変わる政局の果てにどこへ行くのか一寸先は闇の日本政治の未来について、鮫島氏と意見を交わす機会となる。

<日時>
3月27日(水) 午後5時~8時
<会場>
天神テルラ4階
(福岡市中央区渡辺通5-25-18 天神テルラビル)
<定員>
30名(要事前申込)
<参加費>
7,000円(食事込)

<お申し込み、お問い合わせ先>
メール:nameneko21981@gmail.com
電 話:090-4588-5280(担当:近藤)
[お申し込み時必要な情報]
1,議員名
2,電話番号(連絡先)
3,所属議会
4,所属会派

<主催>
(株)データ・マックス

<プロフィール>
鮫島 浩
(さめじま・ひろし)
ジャーナリスト/鮫島 浩ジャーナリスト、『SAMEJIMA TIMES』主宰。香川県立高松高校を経て1994年、京都大学法学部を卒業。朝日新聞に入社。政治記者として菅直人、竹中平蔵、古賀誠、与謝野馨、町村信孝ら幅広い政治家を担当。2010年に39歳の若さで政治部デスクに異例の抜擢。12年に特別報道部デスクへ。数多くの調査報道を指揮し「手抜き除染」報道で新聞協会賞受賞。14年に福島原発事故「吉田調書報道」を担当して“失脚”。テレビ朝日、AbemaTV、ABCラジオなど出演多数。21年5月31日、49歳で新聞社を退社し独立。
新しいニュースのかたち│SAMEJIMA TIMES

【寺村 朋輝】

関連記事