2024年04月16日( 火 )

福岡県が新年度当初予算案と教育長人事案を発表

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県は15日、総額で2兆1,321億円の新年度一般会計当初予算案を発表した。服部誠太郎知事は会見のなかで「私たちが直面する先送りできない課題に取り組む」と強い決意を述べた。

 新規事業は200件あり、このうち産後ケアの利用者負担を軽減する福岡県独自の補助金制度に1億2,000万円、不登校の生徒が特別なカリキュラムで学べる学校を県立高校に設置する費用として1,225万円を計上した。

 また、九州を拠点として成長が進んでいる半導体産業への支援として、糸島市の「三次元半導体研究センター」に最先端機器を導入することなどに2億4,800万円が計上されている。

 このほか、服部知事は4月に任期満了を迎える吉田法稔・県教育長の後任に、県立美術館館長の寺崎雅巳氏を起用することも明らかにした。当初予算案と教育長人事案件は、22日開会予定の県議会定例会に提案される。

【近藤 将勝】

法人名

関連記事