2024年07月21日( 日 )

【読者プレゼント】新刊『1日10分の哲学』大嶋仁著

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 NetIB編集部は5名の方に、福岡大学名誉教授・大嶋仁氏の新刊『1日10分の哲学』をプレゼントする。応募方法は下記を参照されたい。

 NetIB-NEWSの常連執筆者である福岡大学名誉教授・大嶋仁氏が新刊を上梓した。

    本書は書名の通り「哲学」の本であるが、著者の大嶋氏はプロフィール上、哲学の専門家ではない。氏の専門は比較文学である。若いころから海外での生活が長く、ヨーロッパや南米で教えた後に、1995年に福岡大学の教授に就任した。その後も一時期中国の中山大学で教えたりなどしている。

 そのような大嶋氏の国際的な感覚は氏の仕事に共通する特徴であると言ってよいだろう。それはたとえば本書において、古今東西のさまざまな哲学者や思想家を取り上げているということばかりを言うのではない。

 ところで、哲学を論じることは難しい。哲学が人生の根本的な問いにかかわる学びのことを言うとすれば、哲学を論じる姿勢そのものが本人の哲学を表しているに他ならない。別の言い方をすれば、哲学を論じなくとも、人はいつでも本人の哲学を表現していることになる。眉間にしわを寄せて物事を語るとき、あるいは口から出まかせを言うとき、本人が言葉で何を語ろうとも、眉間に寄ったしわや軽やかな口ぶりが、もっとも雄弁に本人を表すことがある。

 大嶋氏の国際感覚ということに話を戻すと、本書では、日本のせせこましい学会の軛をはずれたところで哲学を語る姿勢に、その感覚が活かされているのではないだろうか。そこに大嶋氏自身の哲学も雄弁に表れているように思われる。

 本書を通して読者は、著者が論じる対象としている哲学とともに、語り口や切り口に表れた著者自身の哲学を、二重写しの世界として眺めながら、その風景を通して読者自身が哲学するためのヒントを感じ取ることになるだろう。

■読者プレゼント『1日10分の哲学』

 メールもしくはFAXで

1.氏名 
2.郵便番号 
3.住所 
4.電話番号
5.年齢 
6.職業(会社名、所属) 
7.NetIB-NEWSへの感想

 をご記入のうえ、件名に『1日10分の哲学』プレゼントと明記し、下記メールアドレスまたはFAX宛にお送りください。

お申込み専用アドレス:hensyu@data-max.co.jp
FAXの場合はこちら:092-262-3389
           (読者プレゼント係宛)

【寺村朋輝】

関連キーワード

関連記事