2024年05月22日( 水 )

アビスパ、苦手マリノスを下し今期初勝利! 横浜FM0-1福岡

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

イメージ    サッカーJ1リーグアビスパ福岡は1日、アウェーの日産スタジアムで横浜F・マリノスとの第2節の試合を行った。マリノスはJリーグ開幕以来リーグ戦5回、リーグカップ(現・ルヴァンカップ)1回の優勝を誇る名門。鹿島アントラーズとともにJ2降格を経験していない、まさに強豪の名をほしいままにしてきたクラブだ。

 アビスパはマリノスに対して分が悪い。過去の対戦ではマリノス22勝に対してアビスパはわずか5勝(4引分)。昨シーズンのリーグ戦でも0-2、0-4と2敗を喫している。さらにマリノスのホーム・日産スタジアムでは一度も勝っていない、まさに鬼門での一戦となった。

 アビスパの先発メンバーは、DF小田逸稀に代わってDF湯澤聖人が先発した右ウイングバック以外は開幕戦と同じ。FW岩崎悠人、MF重見柾斗も名を連ねた。マリノスの先発メンバーには、2020年にアビスパでプレーし、J1昇格に大きく貢献したDF上島拓巳の名前があった。

 試合はマリノスが圧倒的にボールを支配する、事前の予想通りの展開でスタートする。マリノスのFWアンデウソン・ロペス、FWエウベル、FWヤン・マテウスらが躍動し、GK永石拓海が守るアビスパゴールに迫る。対するアビスパは、組織的な守備からの鋭いカウンターを見せ、9分にはカウンターからFWウェリントンがヘディングシュート。完璧なタイミングだったが、これはマリノスGKポープ・ウィリアムがセーブする。マリノスの強力な攻撃陣をアビスパが堅牢な守備で跳ね返す展開のまま、前半が終了する。

 後半、試合を動かしたのはアビスパだった。51分、中盤でボールを握ったMF前寛之が左サイドにボールをはたくと、そこに走っていたのは重見。マリノス守備陣の背後を取った重見が左足でマイナスのグラウンダークロスを送ると、ゴール前に走りこんでいたMF紺野和也が利き足の左足でダイレクトシュートを放つ。ボールはそのままゴールに吸い込まれ、アビスパが先制した。ゴール前で両手を広げてパスを呼んでいた紺野を見逃さなかった重見の、完璧なアシストだった。

 マリノスの強烈な攻撃を、組織力と気力でしのぎきったアビスパが、チーム史上初めてのアウェーでのマリノス戦勝利。今シーズン初得点、初勝利を飾った。

 次節は9日(土)、ホームのベスト電器スタジアムで湘南ベルマーレと対戦する。今年も新しい歴史を切り拓き続けるアビスパの戦いを、スタジアムで応援しよう!

【深水 央】

関連記事