2024年05月21日( 火 )

ヌーラボ、2024年3月期決算 大幅な増収増益

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 14日、(株)ヌーラボ(本社:福岡市中央区、橋本正徳代表)は2024年3月期の連結決算を発表した。それによると、売上高は36億6,200万円(前期比35.4%増)、営業利益は3億3,200万円(同228.3%増)、経常利益は3億3,000万円(同257.2%増)、当期純利益は3億800万円(同248.5%増)で、大幅な増収増益となった。

 主な決算要因としては、オフィス回帰の流れが一般化しDXの推進が広がるなかで、23年1月に主力サービスのBacklogの料金改定を実施。契約単価の上昇が24年1月で一巡したことなどにより好調な業績になったとしている。

 来期(25年3月期)の業績予想については、売上高は39億3,700万円(同7.5%増)、営業利益は4億600万円(同22.5%増)、経常利益は4億600万円(同23.1%増)、当期純利益は2億8,700万円(同6.8%減)で、増収と営業利益の増益を予想している。

【寺村 朋輝】

関連キーワード

関連記事