2024年06月13日( 木 )

玉屋、献血促進と地域の交流促進に寄与

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県・佐賀県にパチンコホール「玉屋」を12店舗展開する、(株)玉屋(福岡市中央区、山口智也代表)は、19日、玉屋中尾店の駐車場で「2024年度第1回献血活動及びフリーマーケット」を開催した。

 近年、福岡県では輸血を必要とする人が多い一方で、若い世代の献血協力者が減少している。こうした現状を受け、玉屋では血液の安定供給と若い世代への献血促進を目的に、08年以降、年2回の献血を定期的に実施している。

 今回は同社社員を含め、114名が参加し、107名が献血を行った。また、フリーマーケットには約50組が出店し、キッチンカーも来場。野菜やお菓子の詰め放題などのイベントも開催され、近隣住民をはじめ、多くの人が晴天のもと交流を楽しんだ。

献血を通じた社会貢献と、子どもから大人まで、誰もが楽しめる地域に根差した取り組み
献血を通じた社会貢献と、子どもから大人まで、
誰もが楽しめる地域に根差した取り組み

 社会貢献活動の一環であり、地域コミュニティの交流促進にも寄与する玉屋の取り組み。同社は今後も地域に根差した活動を積極的に行っていくとしている。

【代源太朗】

法人名

関連記事