2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

人の縁に導かれた野球人生~第二の故郷、福岡を拠点に活躍

元プロ野球選手 野球解説者 池田 親興

少年時代の夢

元プロ野球選手 野球解説者 池田 親興 氏<

元プロ野球選手 野球解説者 池田 親興 氏

 プロ野球の選手はアマチュアと違い、生活をするために野球をします。朝から晩までひたすら野球のことだけを考えて邁進していく。成し遂げた結果によって自分の人生が変わりますから、楽しくなんてありません。
 実は、私は中学まで柔道と書道で身を立てて行こうと思っていました。柔道はオリンピックを目指してひたすら稽古していましたし、並行して日本習字も習っていました。1人で黙々と何かをしているのが好きな子どもだったので、野球には興味がありませんでした。
 柔道は、後に金メダリストの井上康生氏を生む静充館道場の1期生でした。日本習字も中学生の最高段位まで取り、加納治五郎先生や原田観峰先生の著書を教本として自分なりに頑張っていたのです。

父の一言がきっかけ

 中学3年生の時、野球部の大会で人数が足りずキャッチャーに担ぎ出されました。田んぼで三角ベースぐらいはしていましたが、野球チームなどに入ったことがないので、ルールを知りません。しかしチームは勝ち進み、県大会に出場しました。そこで高校から野球のスカウトが来たんです。父は巨人ファンで野球が大好きでしたから大喜びしました。引っ込み思案の私はいろいろと迷いましたが、父が飲みながら言った「おまえが野球をしているのを見たいな」という言葉がきっかけで、高校に受かったら野球をしようと決心しました。
 無事志望校に受かり野球部に入るわけですが、入学前に野球部監督の父上が、私をみるなり「おまえ、ピッチャーしろ」と。その方は、入学式の直前に亡くなられたので、それが私と監督への遺言になりました。

やっと掴めてきた野球というもの

 野球は正直、楽しいと感じたことはありません。喜びを見出すことができなかった。練習はきついし、試合で勝ってもまたすぐ次が来る。自分のせいで負けてしまうと、とても辛かった。個人の責任が問いづらいところも、精神的に合いませんでした。
 高校3年間は、ピッチャーとして言われたことをただやるだけでした。仲間や甲子園、その奥深さがわかりかけた頃、ドラフト会議での指名です。「なんで俺なんだろう」という不安でいっぱいになりました。変化球も投げられないし、野球の知識も少ない。キャリアがあまりにも足りないのです。母に「大丈夫?」と聞かれ、「大丈夫じゃない」と。結局、ドラフトを蹴って大学へ進学しました。
 大学では友達という財産はできましたが、野球に関しては自分が思い描いていたものとはかけ離れていました。当時の大学は、今で言うコンプライアンスに引っかかることばかりだったのです。卒業後、改めて阪神からドラフト2位で指名され、プロの道を歩むことになりました。
 野球に関わる人生で、現役を終えて自分がスカウトする立場になり、その後、テレビ局で解説をするようになったことで、やっと野球のことがわかってきたのだと思います。引退後も野球に関わっていけることは幸運であり、本当にありがたいことです。
 阪神にいるとき、トレードでホークスに来ましたが、いろいろ複雑な思いがありました。でも結局は、福岡に来ることができて良かった。これもすべて、人とのご縁でつながっていることを実感しています。福岡は実家の宮崎にも近いし、今は私にとって大事な故郷です。(談)

※記事内容は2015年8月31日時点のもの


出演番組
すぽると!(フジテレビ)
CSプロ野球ニュース(フジテレビ)
CS野球中継
SWALLOWS BASEBALL L!VE(フジテレビ)
土曜NEWSファイル・CUBE(テレビ西日本)
ももち浜ストア(テレビ西日本)

<プロフィール>
ikeda_pr池田 親興(いけだ ちかふさ)
1959年5月17日、宮崎県生まれ。法政大学卒。83年にドラフト会議で阪神から2位指名され入団。85年は開幕投手に指名され、チームの日本一に貢献した。91年にダイエーに移籍。95年ヤクルトに移籍、同年現役引退。

 

関連記事