HOME > 地域・文化

地域・文化

2020年04月25日 07:00

コロナ禍に巻き込まれた国内スポーツ界のこれから(後)

  さらに関連して学生スポーツが開催されない事態は、プロスポーツの人材確保にも悪影響を及ぼす。とくに野球、サッカー、バスケットボールなどスカウトの情報が重要視されるプロスポーツの人材確...

2020年04月24日 08:00

コロナ禍に巻き込まれた国内スポーツ界のこれから(中)

  (公財)日本高等学校野球連盟(高野連)が第92回選抜高校野球大会開催の中止を決定したことは、記憶に新しい。高校野球大会をはじめ、同時期に開催予定であった高校生の全国大会が次々に中止...

2020年04月23日 14:30

コロナ禍に巻き込まれた国内スポーツ界のこれから(前)

  国内外のスポーツ界においても先の見えない苦難が続く。つまり、プロ・アマとも活動再開のメドはまったく立たない。今後の活動再開のみならず、チームの存続、そして選手生命が窮地に立たされる...

2020年04月22日 16:46

コロナ対策のキャラクター妖怪「アマビエ」! 博多人形で登場!

  博多人形作家の戸畑茂四郎氏(71)が新型コロナウイルスの封じ込めを願い、疫病退散の博多人形・もしろう人形「妖怪アマビエ」を制作した...

2020年04月17日 16:57

『脊振の自然に魅せられて』「ムシカリの咲く山の春」

  そろそろムシカリ(虫狩、オオカメノキともいう)の白い花が咲いている頃だろうと思い、天気予報を確認。「明日は山に行くから」と家内に告げる。

2020年04月17日 13:00

「嫁介護」と「棄老」問題の本質(後)

  現在、核家族化の先に、「棄老」という現象が生まれている。親を子が棄てるのである。これは「経済的困窮が原因の1つ」と評されることが多い。しかし、それ以前に、家族関係そのものの崩壊とい...

2020年04月16日 17:01

「嫁介護」と「棄老」問題の本質(前)

  「老老介護」「姉妹介護」「嫁介護」「息子介護」…、介護のかたちはさまざまだ。私自身、今から41年前、出版社を辞し妻をともなって故郷(山形市)に帰郷。そこで母を看た。当時は介護保険制...

2020年04月16日 15:49

香椎駅前から元気を届ける、テイクアウト専門店

  西鉄香椎駅を降りてすぐ、「にしてつストア香椎店」の向かいで、ユニークなテイクアウト専門店が営業している。香椎料飲組合ののぼりが目印の同専門店では、夜間の営業を主力としていた地元の飲...

2020年04月09日 14:00

『脊振の自然に魅せられて』「第3回ブナ林調査」

  パソコンのメールで「3回目のブナ林調査を行います」と会員に知らせた。すると会員の Gから「『うちの会』にこのままメールを流そうか」と思う、という旨の電話があった...

2020年04月02日 07:00

『脊振の自然に魅せられて』「ショウジョウバカマに会いに行こう」

   今年の山の春は訪れが早い。春をいち早く知らせるマンサクの花や、ホソバナコバイモ(ユリ科)の花も、例年より1週間から10日は早く咲いた。  山の情報アプリ「ヤマップ」を検索し...

2020年03月30日 16:32

【博多っ子無念】第59回博多どんたくが中止~今日正式に決定

  福岡市民の祭りとして親しまれてきた「博多どんたく港まつり」の中止が3月30日、決定した。主催者で、福岡商工会議所や福岡市などで構成する福岡市民の祭り振興会(福岡市)が発表したもの...

2020年03月26日 11:15

【福岡】「博多どんたく」は開催方針変わらず~4月初旬に最終決定

  福岡市民の祭りとして親しまれている「博多どんたく」は、予定通り5月3日(日・祝日)、4日(月・祝日)に開催する方向で調整を進めていることがわかった...

2020年03月25日 17:06

『脊振の自然に魅せられて』「第2回 ブナ林調査」

  3月18日に2回目のブナ林調査を行いました。金山周辺で「脊振の自然を愛する会」4人が集合、そこに植物に詳しい女性Kが応援に来てくれました。佐賀県側の金山脊振林道を利用し、中山地蔵登...

2020年03月23日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』「第1回 ブナ林調査」

  日本のブナの北限は北海道の黒松内(くろまつない)で、渡島半島の付け根にある標高200mの場所にあります(函館から北に100km)。また南限は鹿児島県の大隅半島の高隈山(標高1,00...

2020年03月17日 11:00

新型コロナウイルスと同調圧力、そして忖度(空気)(後)

  「ぐるり」の立ち上げはあくまで私自身の勝手な思い込みからスタートさせたのだ。現在住んでいる公的な住宅の集会場で、自分の思う「居場所」を展開することに限界を感じていた。そこで、隣接す...

pagetop