HOME > 政治・社会

政治・社会

 福岡を中心に九州エリア全域の政治ニュース、行政ニュース、社会ニュースを配信。
2018年01月05日 07:04

崩れゆく丸源ビル43の栄華「小象がいたフルーツ屋」

  中洲バトルロワイヤル  建物の老朽化から方々で商業ビルの建て替え工事が方々で行われている。そのようななか、老舗ビルでビルのネオン看板の一部が腐食して落ちる事故が発生した。...

2017年12月28日 11:01

「クリスマスマーケットを福岡の文化に」~(株)サエキジャパン・佐伯代表

   12月25日にフィナーレを迎えた博多・天神のクリスマスマーケット。ヨーロッパではシーズン中、まちの広場ごとにさまざまなコンセプトの市が立つほど、クリスマスマーケットは市民の暮ら...

2017年12月28日 10:26

裁判例に学ぶ労働時間管理(8)~自作メモは認められるか

   これまでは、会社などに保管してある記録に基づいて労働時間が認定される場合を中心に見てきました。それでは、会社ではなく、従業員が自ら時刻を記録したメモなどによって、裁判所は労働時...

民進党に残された70億円の持ち逃げ狙う残党

   NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、民進党の分離・分割後も民進党に籍を置き無所属で選挙を戦った「残留した人たち...

2017年12月26日 13:37

年賀状はなくなるのか?~老舗印刷所の破綻から見える文化の変遷

   「年賀ハガキ」が姿を消す日も近いのか――。暮れも押し迫った22日、創業から100年を超える老舗企業が会社更生法の手続きを申請した。  トキワ印刷(株)(所在地:福島県須賀...

2017年12月26日 11:20

糸島市長選、自民・福岡県連は現職月形市長を推薦

   来年1月28日の投開票が迫る糸島市長選挙。タレント、「スター高橋」としても知られる高橋徹郎糸島市議会議員の出馬でも注目される同選挙で、自由民主党福岡県連(以下、自民・福岡県連)...

2017年12月26日 10:26

裁判例に学ぶ労働時間管理(7)~資料以上の労働時間決定

   タイムカードやシフト表など、労働時間管理の目的で作成された資料があるにもかかわらず、その時間よりも多く、労働時間が認められる場合はあるのでしょうか。 タイムカード打刻後の業...

2017年12月25日 13:20

【訃報】鬼木誠議員の秘書死去~事故後回復せず

   20日、運転中に単独事故を起こし病院に搬送されていた自由民主党所属の鬼木誠衆議院議員(福岡2区)の秘書が死去した。41歳だった。死因はクモ膜下出血。鬼木誠事務所は「まだ若いです...

検察がどこまで腐り切っているのかが判明する

   NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、大相撲・元横綱日馬富士による暴行傷害事件を通じ、日本の警察・検察・司法制度...

2017年12月25日 10:18

中洲の新たな息吹は人形小路から

  中洲バトルロワイヤル 人形町ビル  人が集まるところに文化は生まれ、受け継がれていく。老朽化したビルの建替えが方々で始まり、少しずつ、新たな街に生まれ変わろう...

2017年12月22日 15:45

朝鮮半島危機の行方を左右する北朝鮮の地下資源利権

   NetIB-Newsでは、「 未来トレンド分析シリーズ 」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一...

2017年12月22日 14:35

裁判例に学ぶ労働時間管理(6)~タイムカード以外の資料

   今回は、タイムカード以外の資料により裁判所が労働時間を認定した事例をいくつかご紹介します。これらから見えてくるのは、「資料の目的」と「会社の認識」が重視されるという点です。 ...

2017年12月22日 11:18

鬼木誠議員の車が事故 秘書急変で意識不明

   自由民主党所属の鬼木誠衆議院議員(福岡2区)を乗せた車が単独事故を起こし、運転していた男性秘書が意識不明の重体となっている。  福岡県警中央警察署によると、事故が起きたの...

2017年12月22日 09:21

今度は「禁煙令」発令~福岡市

  福岡市役所  福岡市庁舎内が完全禁煙化されることに伴い、市職員の業務時間中の喫煙を禁止する方針であることがわかった。データ・マックスの独自取材でわかったもので、きょ...

2017年12月22日 07:00

久留米市・欠陥マンション裁判、福岡高裁が原告の訴えを棄却(後)

   ――1審では、設計の偽装と、偽装を見逃した久留米市の建築確認により、耐震強度が不足していることを原告が主張しましたが、1審判決では、建物耐震性の判断を示さず、今回の高裁の判...

pagetop