2022年07月02日( 土 )
by データ・マックス

アルバイト初日の県立高校生、作業中の重機に轢かれ死亡

 熊本県荒尾市大島の木材会社「松本木材(株)」で8月1日、アルバイトにきていた福岡県の高校生がホイールローラーに轢かれ死亡するという事故が発生した。

 8月1日午後2時53分頃、同社の従業員から、「従業員が頭を重機で挟まれ意識がない」という旨の通報があり、通報を受けた救急隊が現場に駆け付けた。救急隊がその場で応急処置を試みたが、けがをした従業員は頭部を激しく損傷しており、午後3時3分ごろ死亡が確認されたという。

 死亡したのは、大牟田市に住む県立高校3年生・甲斐響資さん(18)。実況見分の結果、死因はホイールローラーのタイヤ部分に頭部を轢かれたことが原因とされている。運転していたのは、同社に勤める男性従業員(62)で、屋外にあった丸太を積んで加工場に搬送する途中だった。

 事故現場周辺は複数の重機が木材を運ぶために往来しており、加工場周辺は製材用の機械が稼働していたため、「音が非常に騒がしく、声などが通りにくい状況下にあった」(警察関係者)とのこと。現在、県警による取り調べが続けられている。

 事故を受け、亡くなった甲斐さんのものと思われるTwitterのアカウントには、その死を惜しむ友人のものと思われる書き込みが多数寄せられていた。

【長谷川 大輔】

関連キーワード

関連記事