2022年05月26日( 木 )
by データ・マックス

劇団わらび座

 地方に本拠を置く劇団でありながら、観客動員数は劇団四季、宝塚歌劇に次いで日本では3位の劇団わらび座。60年を超える長い歴史を持つわらび座に関連する記事を配信。
創立以来の苦境に立つ劇団わらび座 ミュージカル「北斎マンガ」で復活を期待(後)
創立以来の苦境に立つ劇団わらび座 ミュージカル「北斎マンガ」で復活を期待(後)
わらび座が、起死回生の一手として打つ興行が、ミュージカル「北斎マンガ」だ。葛飾北斎の名を知らない日本人はいないだろう。その影響力は日本だけにとどまらず、ゴッホやモネなど印象派の画家たち、ドビュッシーなどの音楽家にも大きな影響を与えたといわれている...
企業・経済 一般
創立以来の苦境に立つ劇団わらび座 ミュージカル「北斎マンガ」で復活を期待(前)
創立以来の苦境に立つ劇団わらび座 ミュージカル「北斎マンガ」で復活を期待(前)
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、最大の危機に直面している劇団わらび座。生き残りをかけてさまざまな取り組みを行っているが、ミュージカル「北斎マンガ」で描かれた画狂老人・葛飾北斎の生きざまにこそ、再生のきっかけがあるのではないだろうか...
企業・経済 一般
【劇団わらび座特集(1)】「わらび座支援協議会」発足 最大の危機をチャンスに(後)
【劇団わらび座特集(1)】「わらび座支援協議会」発足 最大の危機をチャンスに(後)
『優れた舞台創造には、人間の生き方に直接影響を与える力があります。教育力というと固いイメージになりますが、思いやり、やさしさ、怒りなど人間の心情は義理人情も含めて、人間社会の潤滑油として大切なものです。先人たちの息遣いも含めて受け継ぎ、再創造させることが大事だと思います...
企業・経済 一般
【劇団わらび座特集(2)】私がわらび座を支援する理由〜APAMAN代表・大村浩次氏(支援協議会議長)
【劇団わらび座特集(2)】私がわらび座を支援する理由〜APAMAN代表・大村浩次氏(支援協議会議長)
秋田県仙北市に拠点を置き、民族伝統をベースに多彩な表現で現代の心を描く劇団「わらび座」。コロナ禍によってイベント業界全体が苦境に立たされているなか、APAMANグループ・代表取締役社長・大村浩次氏の声かけによって、3月2日に「わらび座支援協議会」が発足した...
企業・経済 一般 APAMAN
【劇団わらび座特集(1)】「わらび座支援協議会」発足 最大の危機をチャンスに(前)
【劇団わらび座特集(1)】「わらび座支援協議会」発足 最大の危機をチャンスに(前)
秋田県仙北市の「あきた芸術村」を拠点に、オリジナルミュージカル公演を行う「劇団わらび座」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に立たされている。(株)わらび座・代表取締役社長の山川龍巳氏に、わらび座の現状と今後の取り組みについて聞いた...
企業・経済 一般
劇団わらび座公演「ブッダ」、大盛況
劇団わらび座公演「ブッダ」、大盛況
5日、劇団わらび座公演『ブッダ』(主催:(株)データ・マックス)がアクロス福岡シンフォニーホール(福岡市中央区)で開催さ…
地域・文化
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(4)
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(4)
長い停滞の時期、酒類全体の市場規模もまた年々縮小したが、消費者が成熟、嗜好が多様化するなかでもクラフトとビールは1つのジ…
地域・文化
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(3)
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(3)
田沢湖ビールの商品ラインナップは豊富だ。レギュラービールは「アルト」「ケルシュ」「バイツェン」「ピルスナー」「ぶなの森」…
地域・文化
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(2)
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(2)
「素材や製法にこだわり抜く」というビジネスモデルで根強い人気を誇る田沢湖ビールは、2017年に20周年を迎える。同社のク…
地域・文化
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(1)
クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(1)
1994年4月の酒税法改正により、ビールの酒類製造免許取得のために定められている年間最低製造量が2,000klから60k…
地域・文化
東京中心の文化は終わった 今こそ本当の地域力を磨こう(前)
東京中心の文化は終わった 今こそ本当の地域力を磨こう(前)
地方に本拠を置く劇団でありながら、観客動員数は劇団四季、宝塚歌劇に次いで日本では3位。60年を超える長い歴史の中で培われ…
地域・文化
  • 1
  • 2