HOME > シリーズ 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

政界再編基軸はTPPの賛否

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、政治再編に向けてのさまざまな動きの核心を掴む最重要視点が、「TPP容認派」か「TP...

TPPこそ三大基本政治問題の核心

   政治経済学者の植草一秀氏が6月25日、自身のブログとメールマガジンで、三大基本政治問題のうちのひとつ、TPPの問題点を指摘した。TPPは農業だけでなく国民全体に害を及ぼし...

通常国会大幅延長による強行突破を断固阻止

   政治経済学者の植草一秀氏が6月23日、自身のブログとメールマガジンの記事で、通常国会を大幅に延長させてまで、強引に違憲立法に突き進む安倍政権の政治手法を徹底的に糾弾してい...

政府見解変更と内閣総理大臣の名称変更

   政治経済学者の植草一秀氏が月日、自身のブログとメールマガジンの記事で、集団的自衛権行使の政府見解の変更をめぐって、党首討論で安倍首相が時代の変化によって変わったと答えたの...

違憲明白な安保法制と野党再編

   政治経済学者の植草一秀氏が6月16日、自身のブログとメールマガジンの記事で、安保法制をめぐる安倍政権の違憲立法に触れて、一部野党の加担と、野党再編で取るべき方向について述...

『オールジャパン平和と共生』連帯運動の創設

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、6月12日に開かれた勉強会と、『オールジャパン:平和と共生』連帯運動の創設について...

安保法制違憲判断に反論余地はない

   NETIB NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介している。6月10日のブログでは、安保法制案をめぐる論議のなかで、憲法を改定せずして実...

政策の対立軸を基準に野党再編を

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、野党陣営の体制立て直しは急務だが、政策の対立軸を基準にしなければならないとした、6...

政投銀トップに生え抜きの柳氏就任

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、日本政策投資銀行社長に生え抜きの柳正憲氏が就任したこととその意味について触れた、6...

主権者は結束して安倍政権の暴走阻止を

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、現代日本政治が直面する6つの基本的な問題を挙げたうえで、主権者が結束して安倍政権の...

「知の巨人」2名による対談

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、副島隆彦氏と佐藤優氏による対談本が刊行されたことに触れた、5月23日付の記事を紹介す...

形骸化する国会審議打破する主役は主権者自身

   政治経済学者の植草一秀氏は5月21日、安倍政権が憲法を無視した政策を強行するがゆえに国会審議が本来の存在意義を見失い形骸化している状況を自身のブログで指摘している。その状...

TPP交渉差止・違憲訴訟

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、5月15日に東京地裁で起こされたTPP交渉の差し止めと憲確認を求める訴訟について触...

どう立ち向かう?安倍政権の憲法破壊行為

   政治経済学者の植草一秀氏は5月15日、民主主義の危機を「政治理念、哲学」「多数決原理」「主権者の生命、自由、幸福追求の権利」という三つの断面で指摘。これをもたらす安倍政権...

安倍政権の憲法破壊阻止が最重要課題

   政治経済学者の植草一秀氏は5月12日、自身のブログ記事で、橋本徹大阪市長が提示している「大阪都構想」は大阪府や大阪市民だけの問題だけなく、日本の憲法改定という全国民の問題に...

pagetop