• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月26日 13:31

幅広いジャンルのデザインを提供、都市に彩を添え続ける(前) 福岡の未来を創る101社 

(株)手島建築設計事務所

専門特化型以上のパフォーマンスを

グランドメゾン薬院<

グランドメゾン薬院

 1971年の創立以来、建築デザインを通じて、福岡の都市にさまざまな景観を生み出してきた(株)手島建築設計事務所。その実績は福岡県内にとどまらず、広く九州、そして東京・大阪などの大都市圏にも残されている。そして、デザインを手がけた建築物のジャンルも多岐に渡る。共同住宅はもちろん、サービスエリア、商業施設、学校・ケアハウスなどの公共・医療福祉施設など、実に幅広い。

 その旺盛な仕事ぶりには、1つの想いがある。「1つのジャンルに絞る専門特化型の建築士の方もおられます。もちろんそれも、競争が激化していくなかで、自身を特色づける大きな強みになると思います。ただ弊社では、できる限り多様な建築物のデザインに携わるようにしています。それは、お客さまにご提供できるデザインプランの数にもつながっていきますし、社員のスキルアップにも、必ず役立つことだと考えるからでもあります」(手島誠副社長)。
 社員がそれぞれ、ある1つのジャンルにおけるスペシャリストになる。たしかにこれも、組織体制の強化になる。しかし一方で、社員全員があらゆるジャンルのデザインに対応できれば、顧客にとって、これ以上頼もしいことはない。特化か、網羅か――。日々刻々と情勢が変わっていくなか、企業は難しい舵取りを強いられている。

 そうした状況のなか、同社に限らず、建築設計事務所をめぐる環境は、変化の波が大きいものであると言える。とくに情報ツールの進化は、仕事の在り方そのものをも変える。
 「昔は、『製図板とT定規があれば飯が食える』と言われていましたが、94~96年の間で、CAD(コンピューター支援設計)がコスト的にも導入しやすくなり、爆発的に広まると、製図板とT定規が使えること以上に、CADによる図面設計能力の方が重宝されるようになりました。新しいツールが登場するたびに、私たち自身の仕事のやり方も、絶えず変化させていかなければならないのです」。
 そう語るのは、同社執行役員で、技術管理部長でもある清武広幸氏。自身も一級建築士としてのキャリアを持ち、時代の変転を最前線で経験してきた清武部長は、次のような話も聞かせてくれた。
 「昔は、構造体を含め、職人さんが現場で加工するなどの対応をされていましたが、プレカットが主流となりつつある現在、職人さんの現場における仕事も様変わりしてきています。そして、建築設計も同じです。プレカットを前提としたデザイン、プレファブリケーションを求められることがほとんどになりました」(清武部長)。

 プレカットは、あらかじめ建築に必要な建材を、寸法などを整えたうえで現場に導入するもの。作業の効率化、工期の短縮化などに貢献している。このように、建築デザインは情報ツールなどの設備機器、建設業界における技術革新、それぞれの影響をダイレクトに受ける。だからこそ、学び続けるには最適な場所であるとも言える。
 「弊社は、比較的自由な雰囲気のなかで仕事を行える職場だと思います。『この仕事をやってみたい』という想いのある社員がいれば、年齢・キャリアに関係なくやらせてみます。もちろん、先輩社員や上司がフォローをします。誰でもやる気さえあれば活躍できる、そんな職場だと思います。また、建築以外の分野もやろうと思えばやれます。自由な発想が活かせるように、今後も常に『次の一手』を考えながら、活動を展開させていきます」(手島副社長)。

 建築士に求められるスキルが増えていくこと、それは同時に、ジャンルに縛られることなく建築デザインを手がける同社にとっては、顧客への新たなソリューション提案のための下地づくりにもつながる。そして、同社で経験を積む社員1人ひとりにとっても、5年後10年後の、思い描く未来の自分への近道になるのではないだろうか。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代表取締役会長:手島 博士
所在地:東京都港区芝1-13-16
福岡本社:福岡市中央区清川3-21-9
設 立:1976年9月
資本金:1,000万円
TEL:03-3457-6761(東京本社)092-522-5311(福岡本社)
URL:http://www.teshima-at.co.jp

<プロフィール>
tesima_pr手島 誠
1971年生まれ。建築設計に22年従事し現在に至る。

<プロフィール>
kiyotake_pr清武 広幸
1959年生まれ。建築設計に36年従事し現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

2019年01月17日 10:29
NEW!

まちかど風景 筑紫野市でコスモスの店舗建設中

   福岡県筑紫野市原田6丁目でドラッグコスモスの店舗が新築されている。場所はJR原田駅入口交差点そばで、マルキョウ原田店の真向かいで、かつてはミスタードーナツとダイ...

2019年01月17日 10:05
NEW!

農総研、JPと共同で鳥栖に物流拠点開設~物流効率化とコスト削減へ

  ※クリックで拡大  (株)農業総合研究所(本社:和歌山市黒田、及川智正社長)は11 日、日本郵便(株)九州支社と共同で、佐賀県鳥栖市に...

pagetop