2024年05月27日( 月 )

「世界へ漕ぎ出す、水上の船」水辺を彩る新たなランドマーク完成

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(株)松本組

新たな水辺空間の誕生

suijokouen2 今年7月15日、中洲・那珂川の水辺空間である「水上公園」がリニューアルオープンし、その全貌を現した。コンセプトは「世界へ漕ぎ出す、水上の船」だ。
 同公園は、もともとは1924(大正13)年に福岡市初の街区公園とした誕生したもので、2015年11月より再整備が着工。再整備にあたっては、“天神ビッグバン”構想における東のゲートとして、特例を利用して建ぺい率をプラスさせ、死角をつくらない水辺の公園を創出した。

 同公園の特徴は、敷地の形状が三角形となっており、うち2辺は2つの川と、残り1辺が明治通りに面していること。そのなかで、まず目に入ってくるのは、ガラス張りのトライアングルな建物「SHIP’S GARDEN」である。この建物は、敷地形状を活かした三角形の鉄骨造2階建となっており、外壁はカーテンウォールサッシで開放感のあるデザインに加え、屋上は階段状のウッドデッキ張りで憩いの空間を創出。また、上部にシンボリックな帆が設置されており、コンセプトが示す通り、あたかも帆船をイメージさせる外観となっている。屋根上部分のウッドデッキスペースには、ヨガなどのアクティビティに対応できる広場のほか、階段状のベンチを配置。足元の公園スペースと一体となったオープンな空間が創出されている。
 建物1階には、西日本初出店となるカジュアルダイニング「bills福岡」が、2階には中華料理店「星期菜NOODLE&CHINOIS」がそれぞれ出店。それぞれオープンキッチンやテラスを備え、リバービューを楽しみながら食事することができる。

 さらに、公園内と屋根上にはスピーカーが設置され、公園内のパブリックなスペースでは心地良いBGMが流れるほか、夜にはライトアップされ、昼間とは違う雰囲気を醸し出している。現在、天神東エリアの水辺空間を彩る新たなランドマークとして、注目を集めている。

船の甲板にあたる屋根上のデッキには、シンボリックな白い帆を設置<

船の甲板にあたる屋根上のデッキには、シンボリックな白い帆を設置

2階部分にはグリーンのガラスを採用<

2階部分にはグリーンのガラスを採用

まちづくりの方向性示す

 この「SHIP’S GARDEN」の施工を手がけたのが、福岡市東区に本社を構え、今年で創業100周年を迎えた、福岡地区を代表する老舗地場ゼネコンの(株)松本組だ。同社は公共工事を中心とした土木工事に強みを持つ一方、近年ではマンション工事などの民間の建築工事にも注力。また最近では、大濠公園内や太宰府天満宮参道でのスターバックスコーヒー店舗を施工するなど、デザイン性に優れ、かつ周りの環境と調和した建築物の施工にも定評がある。

 今回の「SHIP’S GARDEN」の施工について、同社代表取締役社長の松本優三氏は「太宰府でのスターバックス店舗もそうでしたが、こうしたデザイン性に富んだ建築物に携われたというのは、『こんなこともできるんだ』といったような、私どもの新しい軸の1つとして良かったと感じます。社員の皆にとっても、こうしたランドマーク的なシンボリックな建築物というのは、非常に誇れるものなのではないでしょうか」と語る。さらに、「これから福岡市の天神エリアでは、『天神ビッグバン』による再開発が順次進んでいくことになります。そのなかで、この水上公園で今後の天神がめくれていく方向性を示せたということは、もしかしたらエポックメイキング的なものになるかもしれません。この場所にこのような水上公園ができたことによって、ビッグバン全体のイメージをつくり、ただの“箱”をつくるのではなく、少しデザイン性があり、先進的なまちづくりになるかな、と思います」と、天神エリアの将来にも思いを馳せる。

 同社の優れた技術により完成した「SHIP’S GARDEN」。中洲・那珂川の水辺空間に姿を現したこの“水上の船”は、福岡市のさらなる躍進への願いを込めて白い帆を上げ、世界へ、そして未来へと漕ぎ出すことだろう。

【坂田 憲治】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:松本 優三
所在地:福岡市東区馬出1-1-19
設 立:1966年5月
資本金:1億円
URL:http://matsumotogumi.net

水上公園 SHIP’S GARDEN
■公 園
敷地面積:2,057m2
所 有:福岡市
設 計:(株)エステイ環境設計研究所
施 工:(株)西鉄グリーン土木
総事業費:約0.69億円
■SHIP’S GARDEN
構 造:鉄骨造(地上2階建て)
延床面積:626.17m2
建築主:西日本鉄道(株)
設 計:(株)スピングラス・アーキテクツ、リズムデザイン一級建築士事務所
施 工:(株)松本組
総事業費:約3.6億円

 

関連キーワード

関連記事