わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月02日 14:27

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(7) 地域づくりにマーケティング発想を! 

「ビッコロ三番街」の開業

 実は、中屋興産ビルにはもう1つのリノベーション事例があります。
 それは「中屋ビル1階フロアを銀天街(大通り)からサンロード(裏通り)へと通り抜けできる小さな商店街にリノベーションした【ビッコロ三番街】」(前掲書より)です。

 これは「民間の不動産(中屋ビル)の内部をストリートとして誰でも通れるようにしたものだ。本来ならドラッグストアでも入れれば一番収益性が高い路面店舗を半公共的な空間として活用することで、まちの回遊性を高めることをめざしている」(同)のです。私有地を公共通路にしてしまったのです。しかし、そのために通行者の数が増え、結果的にビルの奥側の本来なら坪単価が安くなるスペースでもある程度の賃料を得ることができたというから、まるでマジックのようです。

 このように自由な発想ができるところが、このプロジェクトに関わる方々の良いところです。ビッコロ三番街は、2014年6月にオープンしました。

「リノベーションスクール」の開催

 さて、以上、数回にわたって小倉家守構想から中屋興産ビルのリノベーションについてお話してきました。
 このリノベーションの実践・成功例をもとに小倉家守構想の推進者である清水義次氏は北九州市の支援のもとに、このノウハウを広く公開すべく「リノベーションスクール」(登録商標)を開催するに至ります。嶋田氏自身が書いていますが、「リノベーションスクール」とは、まさに先の清水義次氏の発明であると。清水氏の提唱する小倉家守構想を実現するための手段でもあります。

 第1回のリノベーションスクールは、11年8月に開催されます。「メルカート三番街」のオープンが同年6月ですから、その直後にもう開催しているのです。
 記念すべき「第1回リノベーションスクール@北九州」は、11年8月末に3泊4日にわたって開催されました。PRの効果、中屋ビルリノベーションの成功もあって受講者は広域から参加しています。
 そのプログラムは、エリアサーベイを皮切りに、レクチャー→ユニット・ワーク→プレゼンテーションが繰り返されます。
 受講生が小倉のまち歩き(エリアサーベイ)行い、リノベーションが可能と思われる空き物件を使ったリノベーションプランを提案してもらうわけです。
 「住む地域も年齢も職業もバラバラな受講生たちが8~10人ずつのユニット(=チーム)に分かれてそれぞれ異なる対象案件(地域の空き家物件)を担当し、ユニットごとに調査、作業などを協力して行いながら提案をまとめる」(同)という内容です。私も、後にその様子を横から少し覗かせていただきましたが、なかなか白熱した状況でした。

 ユニット・ワークでは、ユニットマスターと呼ばれるリノベーション業界の第一線で活躍する事業者や実践者が、常にアドバイスを行います。ただし、ユニットマスターは、あくまでもファシリテーター役に徹し、アドバイスを与えるだけです。
 この仕組みを要約すると、まちづくり、商店街再生、空き家再生に興味を持つ若者や意欲のある公務員を集めて、当該地域(商店街等)の現状を調査(観察、ヒアリング)し、再生可能性の高い物件をリストアップし、その物件に関わる課題をユニットで話し合い、そこから再生に関するアイデアやひらめきを共有し、再生プランをまとめあげます。もちろん採算のとれるプランでなくてはいけません。時にとてつもないアイデアが沸き上がることもあるでしょう。それらのプランを最後の段階で参加者全員の前でプレゼンテーションします。時には、当該物件のオーナーもプレゼンに参加します。
 そのオーナーが再生可能性に同意すれば、物件リノベーションの事業化が行われるというわけです。

 その仕組みを図示します。

0<

資料:北九州市

 嶋田氏は、同書のなかで「リノベーションスクールという発明がまちを変え始めた」と言っていますが、まさにその仕組みは「発明=invention」であると思います。筆者をはじめ、このところ手詰まり感のあった商店街の再生・活性化に関してこの独創的な手法はまさにイノベーションどころかインベンションであると感じる次第です。
 この事業そのものは、下記のような仕組みによって行われています。

資料:北九州市<

資料:北九州市

 この事業が小倉の商店街に及ぼした効果、全国の商店街へ波及する様子については、次回にお話します。

(つづく)

 

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員/西日本工業大学客員教授/福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop