• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月24日 09:28

【2017衆院選・佐賀1区】退路を断った原口一博氏、覚悟の「無所属」が奏功 第48回衆院選(2017) 

原口 一博 氏

 22日午後8時。原口一博氏の選挙事務所内に設置されたテレビは、時報と共に選挙速報を流し始めた。直後、画面に映し出されたのは「原口一博氏当確」のテロップ。思いもよらない早い当確に戸惑いながらも、会場内は歓喜に包まれた。対抗する自民前職の岩田和親氏らを破り、8選を決めた瞬間であった。

 開票前、原口氏の関係者は「相手はあの自民党で、対してこちらは無所属。過去からの支持基盤があったとはいえ厳しい戦いとなりました」と語っていた。前回の衆院選では原口氏と岩田氏との得票数の差は約2,500票の僅差で原口氏が逃げ切った。今回は無所属で挑む原口氏に対し、自民党の組織力を背景にした岩田氏はさらなる接戦を演じることが予想されていた。だが、蓋を開けてみると原口氏は10万5,487票、対する岩田氏は7万8,972票と2万6,515票の大差がついた。

 原口氏は当初、希望の党の公認候補として立候補の予定だったが、公示の3日前に公認を辞退。無所属となり、まさに退路を断った格好となった。この「筋を通す」行動が浮動票の取り込みに影響を与え、野党支持票の結束を招いたと思われる。原口氏は「皆様への感謝の一言しかない、草の根で結んだ絆での勝利」と述べた。

 一方の自民・岩田氏は当初から苦戦を強いられ、連立与党・公明党の支援を受けていたものの、無党派層への支持を広げることができず、小選挙区での議席獲得には至らなかった。岩田氏は「私の力不足。申し訳ありませんでした。結果を厳粛に受け止める」と敗戦の弁を述べた。岩田氏は比例復活での当選が確定している。

【総選挙取材班】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月06日 11:01

【コロナに負けない(16)】西福製茶(株) SARSや災害に学び異変へ備えNEW!

 国内外でお茶の卸売を手がける西福製茶の代表・西宏史氏は2003年に日常の備えの重要性を痛感したという...

2020年04月06日 10:39

国民守る意思と能力がない布製マスク内閣NEW!

 安倍無能内閣が真価を発揮している。1住所あたり2枚の布マスクの支給。自己申告制による所得が減少した世帯への30万円支給。いつ実現するのかも不明だ。最低最悪の施策であ...

2020年04月06日 09:56

【コロナに負けた!(1)】コロナ狂想曲NEW!

 プロフェッショナルにとって、仕事は自分が自分であると実感できる唯一の瞬間といっても過言ではあるまい。3月、福岡市美術館での個展中止の電話をもらう。DMを出したばかり...

2020年04月06日 09:20

WHOは政治と公衆衛生を分けるべき~WHOに台湾の参加を求める要望書を送付NEW!

 3月26日、九州在住の台湾出身の医療関係者らで構成される「西日本台湾学友会」が、台湾のWHO参加を求める要望書をWHOのテドロス事務局長宛に送付した...

2020年04月06日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(後)NEW!

 「21世紀が「アジアの世紀」になることは間違いありませんが、私はGDPの大きさや経済成長率だけで中国やインドが欧米に代わって、世界のさまざまな新しいルールをつくって...

2020年04月06日 07:00

機能性食品CRO事業における臨床試験をサポートNEW!

 医薬品や健康食品の機能性・安全性の受託試験・被験者供給事業を展開する(株)EAS。中小企業向けに、臨床試験をリーズナブルに提供できるのが強みで、地域の大学・研究機関...

2020年04月05日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(中)

 「私は自分の希望で外務省でのほとんどの時間を国際機関の仕事(国連、OECDなど)すなわちマルチラテラルな分野で過ごさせていただきました...

2020年04月05日 07:00

【業界ウォッチ】新型コロナウイルスの影響

 東京都が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月28日、29日の週末の2日間、不要不急の外出の自粛を呼びかけたことを契機に、25日夜から27日にかけて、都内のスー...

2020年04月05日 07:00

エンターテインメント業界、コロナ直撃で感染防止対策へ

 新型コロナウイルスの影響が直撃しているエンターテインメント業界。外出を控える人が多いなか、各社はどう対応しているのか...

2020年04月04日 18:48

中洲の火が消える、名門クラブが一斉に休業・休店

 中洲のビル管理会社経営者がコロナ発病にとりつかれた。いよいよ中洲にも凶暴なコロナが横行するリスクが高まってきた…

pagetop