• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月08日 13:54

ふくおかFGと十八銀行の経営統合~公取委の不承認を検証する(前)

 連休明けの5月7日、ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FG)と十八銀行は、2年余り経過した今も公正取引委員会の承認がなく、無期延期となっている経営統合の実現に向けた取り組みを別紙の通り発表した。はたして経営統合は実現するのか。それとも白紙に戻るのか。これから検証していくことにしたい。

~ふくおかFGと十八銀行の経営統合が無期延期となっている経緯について~
 2016年2月26日、ふくおかFGと十八銀行が【表1】のスケジュールで経営統合することで基本合意。最終目標は長年ライバル関係にあった十八銀行と親和銀行が2018年4月1日に合併予定としていた。長崎県に預貸金シェアが70%を超える銀行の誕生は九州の地銀だけではなく、全国の地銀に「経営統合はいつどこでもありき」との憶測を呼び、大きな衝撃を与えたのだ。

~拍車がかかる地銀の経営統合~
◆関東地区
 関東地区では、ふくおかFGと十八銀行の経営統合が発表された2カ月後の2016年4月25日、茨城県を地盤とする常陽銀行と栃木県を地盤とする足利銀行を傘下にもつ足利HDが、株式交換により経営統合することで最終合意したと発表。足利HDが常陽銀行を子会社化。同社が両行の持ち株会社となり、半年後の10月1日に社名を「めぶきFG」に変更しスタートした。

※クリックで拡大

この表からみえるもの

・県境を接する地銀同士の経営統合。栃木県の貸出金シェアは足利銀行が69.7%で、栃木銀行は30.3%。また茨城県は常陽銀行78.5%に対し、筑波銀行は21.5%。シェアの変動はないため、公正取引委員会が意見をさしはさむことはなかった。ただ同一県内の地銀同士が経営統合する際、筑波銀行のシェアが独禁法に抵触する目安としたようだ。

◆東海地区
東海地区では17年2月28日、三重県内2位、3位の三重銀行(四日市)と第三銀行(松阪市)が
経営統合することで合意。今年4月2日、持ち株会社「三十三FG」を設立された。両行の総資産(第三四半期/17年12月期)を単純合算すると4兆556億円で、県内トップの百五銀行(津市)の約5兆7,300億円を追う数字となる。

◆近畿地区

◆ふくおかFGと十八銀行が経営統合発表した1カ月後の2016年4月1日、四国の徳島銀行と香川銀行が経営統合して設立した「トモニHD」(本店:香川県高松市)に、大阪に本店を構える大正銀行がその傘下に入った。
・トモニHDが規模の小さい大正銀行と経営統合したのは、四国4県の総人口が約380万人に対し、大阪府は約882万人(18年3月1日現在)と2倍強。人口減少が激しい四国で、規模の小さい第二地銀が生き残ることは厳しいと判断したためと見られる。
 そのため新たな市場を求めて大阪に新店舗を開設するよりも、大阪府内に20店舗を有する大正銀を傘下に収め、人・モノ・カネを手に入れた方が早いと判断。
 一方、大正銀行も「日銀のマイナス金利政策がこのまま継続すると単独では生き残れない」状況にあり、「渡りに船」の経営統合であったといえるのではないだろうか。将来的には徳島銀行と大正銀行は合併する予定となっている。

◆2017年9月26日、りそなホールディングス傘下の近畿大阪銀行と三井住友銀行の子会社である関西アーバン銀行・みなと銀行は、りそなHDの完全子会社になることで最終合意。
・17年11月10日、金融庁より3行の持ち株会社設立の承認を得て、今年4月1日、近畿圏では府県を超えて経営統合した「関西みらいFG」が設立された。三井住友銀行としては2行を手放すことのほうがメリットが大きいと見たようだ。

※クリックで拡大

 筆者は2018年1月31日付のNetIB-Newsで、『AERA「銀行の寿命はあと7年」を検証する』を掲載した通り、銀行のなかでも、とくに地銀は金融再編を進めないと生き残れない状況になっている。
 金融庁が地銀の経営統合を積極的に推進するなか、公取委は自身の存在意義のためにも、県内銀行同士が経営統合する場合、シェアが80%以上のものについては慎重に審査する方針を決めたものと見られる。

(つづく)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープン

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

pagetop