• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月26日 13:42

【特報】「情報ライブ ミヤネ屋」が、データ・マックスに謝罪~記事の引用をめぐって

ミヤネ屋から届いた「顛末書」
※クリックで拡大

 日本大学(日大)アメリカンフットボール部(アメフト部)の悪質タックル事件をめぐる報道で、読売テレビ系(大阪市)の「情報ライブ ミヤネ屋」がデータ・マックスに公式に謝罪した。記事の引用をめぐってミヤネ屋側に不適切な対応があったためで、過熱するテレビ報道の裏側が明らかになったかたちだ。

 「情報ライブ ミヤネ屋」は読売テレビ(大阪市)で制作され、月曜日から金曜日の午後に生放送されている情報番組(ワイドショー)。国内のほぼすべての地域で放送されており、現在最も親しまれているワイドショーのひとつとされる。

 5月28日、そのミヤネ屋からデータ・マックスに、記事の引用許可を求める電話が入った。内容は、「日大アメフト部の悪質タックル問題を取り上げた記事を番組内で使用したいが、使用にあたって条件などはあるか」というものだった。担当取締役は使用にあたって「データ・マックス社か『NetIB-News』のクレジット(提供元表示)を付けること」を条件として提示し、ミヤネ屋の担当者はすぐに了解したうえで使用する旨を告げた。

 使用許可の申し出があったのは、以下の2記事。

 (1)5月17日の【日大の闇】悪質タックル問題の元凶は、日大・田中理事長体制

 (2)同24日の【日大の闇】「株式会社日本大学事業部」が、アメフト部・内田前監督や学長に役員報酬

 5月29日放送のミヤネ屋では、上記(2)の記事内容と酷似するかたちで日大事業部の存在と財務内容を紹介し、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が(1)の記事で触れた日大紛争について別撮りしたVTRで語ったものを放送している。しかし「データ・マックス」のクレジットはなく、訝しんだ担当取締役がミヤネ屋の担当者に確認の電話を入れている。
 以降、担当取締役と執筆を担当した記者がミヤネ屋の番組制作に関わる複数の担当ディレクターやプロデューサーと複数回やりとりをしたところ、ミヤネ屋側の言い分は次のように変遷していった。

 記事を使う予定だったが、現場の手違いで使用していない。
 ↓
 日大事業部の問題については、他社番組「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(TBS系)などを参考にした。
 ↓
 他社の番組を参考にしたことはない。独自取材によって、日大事業部のことを報じた。

 添付したファックスがミヤネ屋側の最終回答で、要するに、「データ・マックスの記事内容に似た番組だが、別の企業からの情報を基に制作した。しかし、誤解させたことについては謝罪する」というのがミヤネ屋の見解だ。しかし前述したように、放送内容は明らかにデータ・マックスの記事に沿うもので、「記事を番組で使用していない」とするミヤネ屋側の言い分は到底承服できるものではない。

番組で日大紛争について語る、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏

 日大事業部について報じたのはデータ・マックスの24日の記事が、国内の新聞、週刊誌、テレビ、ネットメディアなどのなかで最初。悪質タックル問題の萌芽を日大紛争に見出したのも、本記事が初めてだった。実際、日大問題についてはミヤネ屋を制作する読売テレビのほかテレビ朝日の情報番組から執筆を担当した記者に対して番組出演の依頼もあり、他メディアがデータ・マックスの独自情報に一目置いているという手ごたえも感じていた。

 日大悪質タックル問題については、データ・マックスでは5月15日に初めての記事を掲載して以降、独自に得たインサイダー情報を基に継続して報じてきた。1本の記事に対して12万アクセスを超える日もあり、同問題が国民的関心を呼んでいることがうかがえていた。
 しかし、データ・マックスでは6月12日の記事を最後に、日大問題についての記事を出していない。これは日大問題の本質を田中理事長体制だと見極めたためで、田中理事長の「クビを取る」ような記事でなければ意味がないと判断しているからだ。この点を見落として、「叩きやすい」「視聴率が取れる」という理由で些末な事象をさも意味があるかのように垂れ流すのであれば、それは報道ではなく「報道ショー」であり、電波の無駄遣いでしかない。
 さらに番組制作の肝であるはずの「ネタ」「スクープ」を、これまで見下してきたネットメディアの記事に頼るのも、なんともお粗末な取材(?)だ。他人の不幸で飯を食っているという自覚と自省があるのなら、少なくとも自らの足でネタを拾う真摯な姿勢を貫くべきではないか。新聞や雑誌の記事を拡大コピーして貼り付けたボードを前に、アナウンサーやキャスターが記事の解説を加えていくコーナーは情報番組の目玉だが、このスタイルはしかし、「報道」でなければ何と呼べばよいのだろうか。

 本質の上澄みだけを「消費」して現場を荒らすのが、「テレビ」のやり方だ。一時の過熱ぶりがすっかり影を潜め、いまでは日大問題を報じるワイドショーはほとんどない。次の標的、次の生贄は何か……移り気な視聴者の思惑を必死になってうかがいながら、「ショー」は続いていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

2018年11月16日 14:24

福岡を代表する名門ゴルフ場 会社統合に見え隠れするドタバタ劇

  古賀ゴルフ土地(株)  2019年10月に第84回日本オープンゴルフが「古賀ゴルフ・クラブ」で開催される。由緒ある大会で開催されるのは実に3回目と...

pagetop