• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月30日 10:06

九州地銀の2019年3月期(第1四半期)決算を検証する(4)

 【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の2018年6月期(第1四半期)決算の当期純利益順位表である。

※クリックで拡大

<この表から見えるもの
◆九州地銀(18行)の2018年6月期の当期純利益は、前年比▲7億円の431億円(▲1.7%)となった。日銀のマイナス金利政策の影響を受けているため、大きく減少するのではと思われていたが、譲渡性預金を減らしたり、無駄な経費の節減に努めたりした結果、小幅な減少だった。
 ただ、よく見ると九州地銀18行のうち、前年と比較して増益は福岡銀行を含め6行で、額は別にして前年比マイナスは12行となっている。収益的には厳しい状況にあることが読み取れる。増益合計43億円のうち、福岡銀行が34億円で約8割近くを占めている。

◆当期純利益のトップは福岡銀行で、前期比+34億3,500万円の131億円(前期比35.3%増)と大幅に増加しており、九州地銀18行の当期純利益合計431億円の約30%を1行で占めている。

◆第2位は西日本シティ銀行で69億円(前期比▲2,000万円)とわずかに減益となっている。3位は肥後銀行で47億円(前期比▲7億300万円)。4位は鹿児島銀行で37億円(前期比▲7億8,200万円)。5位の大分銀行は31億円(前期比▲7億6,600万円)と、この4行はいずれも前期比マイナスとなっている。6位は宮崎銀行で前期比+3億2,500万円の31億円。宮崎銀行までの上位6行が当期純利益30億円以上の銀行である。

◆7位は親和銀行。昨年は25億円だったが、今期は前期比▲9億6,700万円の16億円。合併を予定している8位の十八銀行は、前期比▲8億1,200万円で11億円となっている。18年6月期までの3カ月間で貸出金を大幅に増加させた親和銀行。18年9月期(中間)で、その効果がどのようなかたちで現れるかを見守ることにしたい。
・9位は佐賀銀行で前期比▲4億6,200万円の11億円。10位は熊本銀行で前期比▲1億500万円の10億円となっている。ここまでが当期利益10億円以上の銀行となっている。

◆11位以下で目につくのは佐賀共栄銀行で前期比+1億1,900万円の2億9,700万円(66.9%増)と大幅な増益となっている。一方減益組では福岡中央銀行が前期比▲1億2,300万円の9,300万円で56.9%の減収となっている。
・最終18位の長崎銀行も、前期比▲3,700万円の3,500万円で51.4%の減収となっている。来年4月に十八銀行がふくおかFGと経営統合し、2020年4月に十八銀行と親和銀行が合併することになっているが、その対抗勢力としては厳しい収益力ではないだろうか。

~十八銀行とふくおかFGの経営統合の影響について~
 【表2】を見ていただきたい。九州のFG・FHの当期純利益順位表である。

<この表から見えるもの>
◆第1位はふくおかFGで前期比+23億円の157億円(17.6%増)。傘下の親和銀行と熊本銀行は前期比マイナスとなっているものの、福岡銀行が大きくカバーしているのがわかる。
・ふくおかFGの当期純利益は九州地銀18行の36.5%を占めており、十八銀行の計数(連結)を単純に加えるとそのシェアは39.2%となる。2位の九州FGのシェア19.7%で3位の西日本FHのシェア16.1%を合わせても35.8%で、ふくおかFGより少ないのがわかる。十八銀行がふくおかFGの傘下に入ると、その差はさらに広がることになる。この数字を見る限り、1強2弱が深刻なことがわかる。十八銀行とふくおかFGの経営統合が引き金となって、今後、新しい枠組みを模索する動きが出てくることが予想される。

(つづく)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月17日 17:39

市立小学校増築工事の影響で住宅に亀裂、下水逆流~近隣住民と福岡市の間で深まる溝

 福岡市の外郭団体が発注した工事で受けた建物の損傷について「謝罪した」とする福岡市側と、「謝罪されたおぼえはない」とする被害者。もはや修復不可能に映るまでに広がった両...

2019年06月17日 17:23

「第4回 『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(前)

 6月8日(土曜)、地域にある公民館の多目的ホールで、「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」を開催した。講師は桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さん。専門は「組織社...

2019年06月17日 17:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(後)

 豊洲市場のような公共建築物の場合、民間の建築物における建築確認の代わりに計画通知という制度があり、特定行政庁(豊洲市場の事例では東京都)が計画を審査します。

2019年06月17日 16:48

Jリーグを九州から盛り上げろ!九州のクラブの経営力を診断(前)

 サッカーのJリーグ史上、稀にみる復活劇といえる。今季、6シーズンぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進を続けている。J1の在籍歴がありながら、初めてJ3に降格した...

2019年06月17日 16:00

「(それは)立憲民主党です」、山本太郎氏が戦う姿勢見せない野党を名指しで批判~広島

 衆参両院で予算員会が開かれないまま通常国会の会期末が迫る中、新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は16日、広島市内で開かれた街頭記者会見でこの状況をつくったのは戦...

2019年06月17日 14:59

【9/1】ホテルオークラ福岡開業20周年記念企画 京都・神戸・福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催

 ホテルオークラ福岡は9月1日(日)、京都、神戸、福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催する。

2019年06月17日 14:39

天然由来の粉末でグリストラップの悩みを解消 宝成産業

 「最大の悩みがグリストラップだった」と宝成産業(株)の代表・横尾睦氏は大手飲食チェーン勤務時代を振り返る。「グリストラップ」とは飲食店の厨房に設置が義務付けられてい...

2019年06月17日 14:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(中)

 公設市場にはシビアな建築コスト削減は求められていないと思います。建築コストを抑えることよりも、仮に大地震が発生した場合でも市場の機能を損なわず都民に食材を提供できる...

2019年06月17日 12:47

シェールガス革命による化学業界のパラダイムシフト(前)

 世界屈指の化学企業は、われ先にと米国南部のテキサスに化学原料の工場建設を進めている。日本の三菱ケミカル、シンテック、三井化学をはじめ、台湾のフォルモサ石油化学、フラ...

2019年06月17日 11:42

不動産景気の微妙な分岐点

 あるマンション販売会社での話。業界地場トップの社員が弊社にやってきて、「最近、来訪者の数が減ってきています。御社の実数の変化はありますか?」と聞かれたという。質問さ...

pagetop