• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月04日 15:40

ある裁判で判明した整骨院の不正会計と裏金づくり

 福岡市南区大橋に本院をもち、市内だけでなく県外でも整骨院などを多数展開する堺整骨院グループは、堺整形外科医院とタッグを組み、急成長を遂げてきた。データ・マックスでは今年、堺医療グループ分裂の真相を報じてきた。
 その取材の過程では、堺整骨院の堺正孝院長が原告となり、元従業員を相手に貸付金の返還を求める裁判事件が判明していた。裁判資料から、整骨院の脱税が疑われる不適切な会計処理が浮上している。

院長が元従業員を訴えた

 整骨院グループを運営するのは(株)堺整骨院西(本社:福岡市南区、堺正孝代表)で、1998年に堺正孝氏が整骨院を個人創業したのが始まり。2010年に法人化し、現在は福岡市内を中心に県外を含め、整骨院を15カ所以上運営している。300名を超える従業員を抱えるまでに成長した整骨院グループを束ねるのは創業以来、堺正孝氏だ。昨年5月、正孝氏の実弟で、(医)堺整形外科医院の堺研二元理事長が起こした名誉棄損事件をきっかけに、兄弟コンビの決裂が表面化。一大医療グループを築いていた整骨院と整形外科は今年7月、正式に分割された。

 一連の騒動を取材する過程で判明したのが、兄・正孝氏が元従業員Aを相手に起こした「貸金返還請求」事件だった。正孝氏が求めたのは、Aが資格取得のために通った専門学校の学費140万円の返還。正孝氏は、Aが入学した専門学校の1年目の学費を堺整骨院が支払っていたためと主張している。

 一方、Aは堺整骨院に就職する際の説明で、1年目の学費は整骨院側が負担すると聞かされており、返還の義務はないと主張。双方の主張は食い違っていた。2年以上争った結果、原告・正孝氏の主張が認められ、裁判所はAに140万円を返還するよう命じた。判決はすでに確定してAは140万円を返済しており、その妥当性は本稿では置く。データ・マックスが指摘したいのは、整骨院が拠出したAの学費の会計処理についてだ。

税理士に責任転嫁

 裁判資料によると、Aは2005年10月から堺整骨院に勤務。2007年4月に専門学校に入学し、3年間資格取得の勉強をした。整骨院は06年12月と07年11月に、合わせて140万円をAの専門学校の入学金と学納金として振り込んでいる。整骨院側は裁判で学納金の支払いを証明するため、整骨院の帳簿を提示。提示された帳簿には確かに「学納金」の記載があるが、問題なのは会計処理の科目だ。Aのほか、同年度に複数名の学納金が専門学校に振り込まれているが、会計上の科目は「図書研究費その他」としている。いわゆる「経費」名目だ。常識的に考えて、会社運営上必要なものとして経費計上している費用を回収するのはおかしいのではないか。従業員へ貸し付けたものとして返還請求するなら、会計上は「従業員貸付金」として処理すべきものだ。もともと経費で計上したものを「返せ」と迫ることが許されるのだろうか。

 経費として処理されているため利益を減らすことになり、それに応じて納税額も減る。「脱税」的行為と指摘されてもおかしくない処理だといえる。裁判でもAはこの点について言及しているが、正孝氏は「税理士さんの指示で、そのように処理した」と述べている。しかし、このような脱税行為スレスレの処理を税理士が指示するとは考えにくい。なお、税理士法第36条には、脱税相談などの禁止が謳われている。

経費で処理して、個人で回収?

 さらに問題なのは、経費を「回収」していることにある。裁判では、Aと同じく整骨院に学費を払ってもらった従業員の陳述書が提出されていた。裁判資料によると、従業員Bは整骨院の給与から3万円天引きされていたという。その後のお金の流れを裁判官が正孝氏に質問しているが、正孝氏本人は「その3万円は法人から(正孝氏)個人に振り込まれている」と証言している。

 原告・正孝氏の主張では、あくまでこの学納金は従業員への貸付であり、返還するのが妥当だとする。しかし回収したお金は正孝氏個人にわたっており、正孝氏の主張に矛盾が生じる。金銭の流れをたどれば法人が貸し付けたと考えるのが妥当で、回収した場合は法人に入るのが筋だろう。個人に渡ったとなると「裏金づくり」とされてもおかしくない。つまり、学納金を経費として計上し課税を逃れ、正孝氏個人に還流させることで表に出さなくてよい金になる=裏金だ。

 一連の会計処理について話を聞くため、正孝氏に質問状を送ったが、回答期限を過ぎても返事はないまま。関係者への取材で、学納金以外での裏金づくり疑惑も浮上している。正孝氏個人が自由に扱えるお金をつくり出すためだというが、その資金がどこに流れているのかはわからないという。

※クリックで拡大

【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月14日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(中)

 歩くときに足が安定していないと、足に負担をかけてしまう。だから、ただ歩くだけではなく、足に負担がかからないようにサポートをすることが大切だ。かかとから足が地面につい...

2019年10月14日 07:00

世界的に“市民権”を得た日本ビジネスインテリジェンス協会!(5)

 1992年に溜池山王の全日空ホテルで設立総会&記念シンポジウムが盛大に行われてから約10年後の2001年に、10周年記念行事として、キューバに18名の視察団を出しま...

2019年10月13日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(前)

 日本初の「足の総合病院」として足の病気を治し、「100歳までスタスタ歩ける足のつくり方」を執筆している下北沢病院・院長・菊池守氏に、生涯自分の足で歩くための方法と、...

2019年10月13日 07:00

世界的に“市民権”を得た日本ビジネスインテリジェンス協会!(4)

 最も印象深かったのが小野田寛郎・元陸軍少尉((財)小野田自然塾 初代理事長)との出会いです。1977年にブラジルのリオデジャネイロ駐在中に御縁ができ、以来37年間に...

2019年10月12日 07:00

世界的に“市民権”を得た日本ビジネスインテリジェンス協会!(3)

 奇しくも今はまさに約30年前と同じです。当時は米ソの対立があり、現在は米中の対立があります。また、当時すでに、日本の大企業は商社を筆頭に、世界に100を超える支店が...

2019年10月12日 07:00

いい判断ができるかは実は体調で決まる(後)

 健診で調べても、検査数値に出ないことが原因で不調になることもある。無駄な緊張や無理な動かし方をしていると気づいて直していくと、体の調子が優れない時に、感覚で早く気づける。

2019年10月11日 17:30

ホークス、日本シリーズ進出でセール開催へ

 福岡地所(株)と(株)エフ・ジェイ・エンターテインメントワークスは、福岡ソフトバンクホークスが「SMBC日本シリーズ2019」に進出決定した場合、セールを開催すると...

2019年10月11日 17:25

ワークマンプラス福岡吉塚店オープン 福岡県5店舗目

 (株)ワークマン(本社:群馬県伊勢崎市、小濱英之社長)は10日、福岡市博多区に「WORKMAN Plus 福岡吉塚店」をオープン。この日は大阪、山形、宮城、福岡と、...

2019年10月11日 17:13

I Rプロジェクトコンソーシアムとエクイティ

   JC福岡(一般社団法人福岡青年会議所)主催・主導で9月30日に開催された「九州IRシンポジウムin福岡」は、九州経済連合会の常務理事ほか数人のパネリストを招き、...

2019年10月11日 17:12

続・鹿児島の歴史(8)~流人について1~

 鹿児島は本土最南部、そしてその南方に多くの離島があるため、流人や隠れ人となった人が多くいます。県外人と県内人とに分け、2回にわたって述べます。まず和気清麻呂について...

pagetop