西鉄天神大牟田線・連続立体交差事業 鉄道高架化でまちはどう変わるか?(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月07日 07:00

西鉄天神大牟田線・連続立体交差事業 鉄道高架化でまちはどう変わるか?(後)

鉄道工事ならではの振動・騒音への工夫と配慮

▲ハーフプレキャスト工法での施工
 (春日原駅〜白木原駅)

 「電車の直上、近接の作業は、電車が止まる夜間にしかできない。近隣住民に対する騒音や振動には気をつけている」―そう話すのは、1工区の現場を担当する田尾一憲・清水・安藤ハザマ・松本共同企業体所長。

 また、「鉄道工事は、一般的な土木工事に比べ、作業時間帯・内容によって、騒音・振動に対して十分に配慮する必要がある」と鉄道工事のポイントを指摘する。たとえば、コンクリート構造物を取り壊す場合、通常はコンクリートブレーカーを用いるが、振動や騒音が発生するため、これらの発生が少ないコンクリートカッターを用いるなどの工夫をしている。

マスコットキャラクターでイメージアップ図る

 西鉄天神大牟田線の高架化事業では、事業のマスコットキャラクターが存在する。福岡市が事業主体となる区間では、「ざっしょのクマ」「電車くん」というマスコットキャラクターを用い、事業のイメージアップを図っている。「福岡市では、地域などからの要望に応じ、市の取り組みや暮らしに役立つ情報などを説明する出前講座を実施しており、連続立体交差事業の出前講座においては、事業マスコットキャラクターを使って、沿線住民などへのイメージアップを働きかけている」(若松課長)と話している。福岡県事業主体の区間では、地元大野城市のPRキャラクターの「大野ジョー」のデザインが工事現場の外壁などにプリントされている。

 土木の施工現場では、近隣住民からのクレームが大きな問題に発展することがある。鹿島建設JVでは、工事の内容について理解してもらうため、月に1回、2工区沿線約600~700世帯に対し、今月の作業工程に関するビラを配っているほか、同じものを各工区の公民館に配布している。夜間作業や道路規制をともなう作業を行う場合は、対象エリアの各世帯に対し、別途ビラを配っている。「近隣住民とのトラブル回避のためには、情報提供が何より大事だ」(後藤所長)と力を込める。

 西鉄としても、沿線住民からのクレーム対策に抜かりはない。「鉄道工事の場合、夜間作業をともなうケースが多いので、近隣住民への事前の情報提供は、必ず行うことにしている。昼間の作業でも音が出る場合は、事前の情報提供をお願いしている」(藤丸係長)と話している。

福岡県が事業主体となる春日原~下大利駅高架化事業

 福岡県が事業主体となるのは、春日原駅、白木原駅、下大利駅の3駅におよぶ延長約3.3kmで、大野城市栄町1丁目と同市下大利3丁目(距離比率は大野城市:春日市=8:2)を結ぶ区間となっている。福岡市事業主体の区間約1.9kmと合わせ、総延長は5.2kmの区間となる。春日市と大野城市は、駅前広場の整備など関連する事業を行う。

 この区間の踏切が12カ所もあり、通勤時間帯などには、慢性的な踏切渋滞が発生するなど、雑餉隈駅付近と同じく、円滑な道路交通のうえで大きな妨げになっている。20年度に高架化切り替えを完了、21年度の事業完了を予定している。大野城市や春日市が事業主体となる周辺関連事業すべてが完了するのは、23年度の見通しとなっている。

 高架化事業の実施によって、鉄道で分断された市街地が1つとなり、土地区画整理事業などとの一元的な実施による新たなまちづくりが期待されている。この区間では新駅の設置はないが、駅前広場の整備なども予定されており、西鉄バスやコミュニティバスなど交通結節機能としての利便性向上などが期待されている。

 工区は、直上部(起点~白木原、約2.2km)の区間と仮線部(白木原~終点、約1.1km)に分かれる。仮線区間は、側道を整備する大野城市が用地買収を実施。現在は、この新たな用地上の仮線部分を電車が走っており、もともとの線路敷に高架構造物を構築している。土木工事の工区は4工区あり、直上部に当たる1工区(延長約700m)は鹿島・大林・西鉄グリーン土木JV、2工区(約900m)は清水建設、3工区(約600m)は安藤・間が施工を担当。仮線区間となる4工区(約1.1km)の担当は松本組となっている。高架工事は11年4月から着手しているが、しばらくは杭打ちなどの基礎工事などが続いた。現在では、高架橋や桁の構築など本格的な工事が次々と進められている。

 もともとの春日原駅は、線路上に駅がある橋上駅だったが、高架工事のため解体。18年2月からは東西仮駅舎として開業している。下大利駅では、駅舎横に仮線を敷設したため、現在は仮駅で営業中。元あった場所に新たな駅舎を建設している。

 2工区を担当する清水建設の緒垣新吾・西鉄春日原高架工事所長によれば、「直上工事は夜間にしかできない工事など制約が多く、危険をともなう作業なので、細心の注意を払い慎重に行っている」という。少しでも施工上のリスクを回避するため、同工区約900mの区間のうち、ほとんどの区間についてハーフプレキャスト工法を採用している。

(了)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月21日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(14)コロナを舐めてはいけない(5)NEW!

 2021年の年賀に「今年をもってご縁を切ります」と通告があったAとは、40年を越える付き合いがある。今年11月、80歳になる。「それなら惜別の一杯を飲み交わそう」と...

2021年01月21日 17:34

【大規模買収事件】公選法違反・河井案里被告に有罪判決NEW!

 東京地裁で21日、参議院選挙広島選挙区における買収容疑で公選法違反罪に問われている河井案里被告(47)の判決公判があり、高橋康明裁判長は広島県議4人に対する買収罪成...

2021年01月21日 17:31

西鉄、新社長に林田浩一氏~倉富氏は会長にNEW!

 西日本鉄道(株)(福岡市博多区)は21日、4月1日付で林田浩一取締役専務執行役員(55)を社長に昇格する人事を発表した。

2021年01月21日 17:07

【長期連載】ベスト電器消滅への道(1)NEW!

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関す...

2021年01月21日 16:51

福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へNEW!

 日本ロジテムグループの運送会社・福岡ロジテム(株)(福岡県粕屋郡宇美町、小林専司社長)は、小郡市に大型物流拠点を設置する...

2021年01月21日 16:45

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(前)NEW!

 菅政権は73兆円規模の経済政策を決定し、これに基づいて3次補正予算を実施することを発表した。1次補正、2次補正も同規模の大きな対策が図られてきたということで、これを...

2021年01月21日 16:19

体にやさしく、おいしい水とは?『生命(いのち)の水はミネラルバランス』を先着10名さまにプレゼントNEW!

 (株)ミネラルクリスター(福岡市博多区)は、創業から30数年にわたり、生命にとって良い水の研究開発に取り組み、これまでに数多くのビル、マンション、食品加工工場などに...

2021年01月21日 16:12

いとしまの鉄道111周年記念きっぷ発売~インスタで事前予約をNEW!

 九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)は、いとしまの鉄道が今年で111周年を迎えることを受け、記念きっぷを発売する。糸島市立伊都国歴史博物館で開催する冬季特別展「鉄輪...

2021年01月21日 15:42

【福岡県に緊急事態宣言】(13)コロナを舐めてはいけない(4)NEW!

 1月16日、110名参加の結婚式に列席した。新郎の父親から、「コロナ蔓延の時期に申し訳ない。出席不可に関しては遠慮なく回答してください」と電話がかかってきた...

2021年01月21日 15:24

五ケ山ダムが供用開始、防災や渇水対策に期待NEW!

 五ケ山ダムが本日から供用開始となった。五ケ山ダムの利水容量は、渇水対策容量を含む3,170万m3。12月22日に試験湛水を終えていた。福岡市関連の利水容量合計は、南...

pagetop