2022年07月02日( 土 )
by データ・マックス

福岡県に全国ワースト1位タイの「危ない交差点」~福岡市東区・新二又瀬橋交差点

 (一社)日本損害保険協会は20日、2017年のデータに準拠したホームページ「全国交通事故多発交差点マップ」を更新。福岡市東区社領3丁目の「新二又瀬橋交差点」が発生事故件数20件で全国ワースト1位タイとなった。同HPは、日本損害保険協会と全国地方新聞社が連携し、全国47都道府県で人身事故が多発する「危ない交差点」についてデータを調査・解析したもの。秋の交通安全運動に合わせ、08年から毎年発表している。

 同HPによると、「新二又瀬橋交差点」は、「形状は十字だが、交差する道路は双方とも車線数が多いため、交差点の面積が大きい四差路交差点」「主道路の博多バイパスは車線数が多く、実勢速度も高い」「深夜・早朝に物流関係の交通量が多い」などと分析。20件の事故のうち、追突が8件で最も多く、脇見運転が主な要因としてあげられている。

 このほか、福岡県内の事故件数ワースト2位は、北九州市八幡西区力丸町の「力丸町交差点」18件、ワースト3に福岡市博多区美野島3丁目の「美野島交差点」17件が続いた。ちなみに、「新二又瀬橋交差点」に並んで全国ワースト1位タイとなったのは、宮崎市江平1丁目の「江平五差路交差点」20件。

▼関連リンク
・全国交通事故多発交差点マップ

関連キーワード

関連記事