「MARK IS 福岡ももち」グランドオープン!新モールの真の魅力に迫る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月03日 07:03

「MARK IS 福岡ももち」グランドオープン!新モールの真の魅力に迫る

 三菱地所(株)が満を持して手がける「ホークスタウンモール」跡地の再開発事業。開業初日には約2,000人が列をつくり、その注目度の高さを証明した。旧モールと「MARK IS 福岡ももち」との違いは何か、そして地域にとっての役割とは――。

天神以西、福岡市内最大級

 2016年に閉館となった「ホークスタウンモール」。その跡地の再開発事業として、18年11月21日にグランドオープンを迎えたのが「MARK IS 福岡ももち」だ。

 三菱地所(株)が手がける商業施設ブランド「MARK IS(マークイズ)」は、静岡と横浜みなとみらいで展開しており、福岡ももちは全国3施設目。約4万8,000m2の店舗面積に163のテナントが集積しているが、うち新業態が9店舗、県内初出店が44店舗、商業施設初出店が19店舗と、西日本初進出でありながら、マークイズブランドとしても最大規模を誇る。天神以西では、福岡市内最大規模の商業施設だ。

 九州初進出となるカリフォルニア発のコンセプトストア「RHC Ron Herman」や、「TSUTAYA BOOKSTORE マークイズ福岡ももち」といった人気ショップを筆頭に、4DXを導入したシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」や、VRを体験できるマシンも併設するアミューズメント空間「namco」など、最新テクノロジーで遊べる施設も注目を集めている。

 また、ライブホール「Zepp Fukuoka」はホークスタウンモール閉館以来再オープン。収容人数1,500人という福岡エリア最大級のキャパを誇る、音楽ファン待望の施設だ。

周辺市民が日常使い

 福岡の新たなランドマークとしてオープンした「MARK IS 福岡ももち」。重要なのは、継続的に発展・成長をしていくことだろう。そこで気になる点の1つが、旧モール「ホークスタウンモール」との明確な違いだ。

 三菱地所(株)の商業施設開発部部長・高橋哲也氏によれば、「地域に溶け込み、地域の方に愛されるため、1階部分は生活に密着したフロアになっています。日常使いできるスーパーのハローデイ、ユニクロ、ドラッグストアなど、周辺住民の方にとって使いやすい存在になれるのではと思います」という。

建設中の「ザ・パークハウス福岡タワーズ」

 さらに、施設のすぐそばには現在、全584戸の大型分譲マンション「ザ・パークハウス福岡タワーズ」が建設中。19年にはWEST棟、20年にはEAST棟が完成する。つまり「MARK IS 福岡ももち」は、ここを中心とする豊かな暮らしを提案する、集合住宅が一体となった一大プロジェクトというわけだ。福岡ヤフオク!ドームでの試合やイベントのときだけに限らず、平均的な集客を狙った仕掛けが、旧モールとの最も大きな違いといえそうだ。

 2点目は、周辺の渋滞問題だ。休日やイベント時の渋滞は、以前から大きな課題だった。同社ユニットリーダーの浜屋省吾氏は、「福岡市や警察と協力しながら、渋滞問題解決に取り組んできました。まずハード面では、施設から伸びる歩道橋が2カ所あり、歩行者の分散が可能です。さらに、よかトピア通りに新たなバスカットができましたし、駐福岡大韓民国総領事館側の通りには左折専用レーンをつくりました。ソフト面としては、今までドームとモールは共同の駐車場だったのですが、今回はそこを切り離したかたちにしています」と、渋滞対策について話した。

渋滞緩和にシャトルバス運行

 最後に3点目は、天神や博多などからの集客だ。館長・安部郁夫氏は、次のように考えているという。「天神や博多は、すでに福岡を代表する商業施設が複数ありますが、このモールは、独自の過ごし方ができるのが特徴です。福岡・九州初出店のテナントやライブハウスなどはもちろんですが、海に面した百道エリアには、都会では感じられない非日常の空気感が漂っています。ショッピングだけではなく、この周辺一帯も含めて楽しく過ごせると思いますので、遠方からでも気軽にきてほしいですね」。

 気軽さという面で気になるのは、車以外でアクセスする方法だ。最寄りの地下鉄・唐人町駅からは徒歩10分以上かかるが、同駅からは曜日限定でシャトルバスを運行するという。これも旧モールから改善した施策だ。

 ほかに、Wi-Fiやコンセントを完備した休憩室、パウダールーム、面談室、従業員特典や懇親会の開催など、ここを訪れるお客に対してだけでなく、施設運営を支える従業員満足度の向上を図る設備や施策も盛り込まれているという。

 11月15日に開催された竣工祝賀会で、三菱地所の吉田淳一社長は、「当モールのコンセプトは、『モモチゴコチ~まいにちも、とっておきも。』です。地域の新たなランドマークとして、また、地域の皆さまに愛される存在になれればと願っています。そして、ここから福岡を盛り上げていくことも大いに期待しています」と話した。

 「MARK IS 福岡ももち」が福岡の新たなランドマークとして存在感を発揮し、地域の魅力向上にも寄与できるか、今後の動向にも引き続き注目していきたい。

【森川 和典】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

「れいわ新選組」経済政策公約歩みと今後の課題NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は教条主義の下で消費税増税に突き進むことは悪政の代表であると訴えた8月...

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

pagetop