わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
確認しておきたい定年退職後の再雇用制度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月14日 07:03

確認しておきたい定年退職後の再雇用制度

 人手不足が深刻化するなかで、高齢者の活用も重要なポイントになります。定年を60歳とする会社が多いかと思いますが、65歳未満の定年の定めをしている場合には、(1)「定年を65歳以上に引き上げ」、(2)「65歳までの継続雇用制度の導入」、(3)「定年そのものの廃止」のいずれかを実施する必要があります。

 継続雇用制度とは、本人が希望すれば、定年退職後も引き続き当該会社やグループ会社で雇用する制度です。継続雇用制度は、いったん退職した社員と、新たな労働契約を締結して再雇用する制度ですので、各会社の実情に応じて柔軟に内容を定め得るものと解されており、1年契約の更新や、短時間勤務・隔日勤務などの雇用形態も可能であり、賃金その他の処遇は会社の労使協議などに委ねられていました。継続雇用制度では、1年更新の嘱託契約とする例が多いようですが、ある調査では、再雇用後の賃金が定年前の賃金の60~70%に減額になる会社が最も多いという結果もあります。そのため、再雇用労働者を単に安い労働力と考えてはおられないでしょうか。

 この点について、定年退職後に再雇用された嘱託社員が、定年前と同じ仕事内容にもかかわらず、賃金を2割以上引き下げられたとして、定年後の給料引き下げは不合理だと争った「長澤運輸事件」の最高裁判決(平成30年6月1日判決)があります。前号でも説明しました労働契約法20条は、正社員と嘱託社員との間で、不合理な労働条件の違いを禁止し、格差の合理性については、(1)「職務内容(業務の内容や責任の程度)」、(2)「職務内容や配置の変更の範囲」、(3)「その他の事情」の3要素を考慮して判断するとしています。最高裁は、定年後再雇用であること(長期間雇用は通常予定されていないことや、老齢厚生年金の支給が予定されていることなど)を「その他の事情」として考慮することを認めるとともに、両者の賃金の総額を比較することのみによるのではなく、賃金項目の趣旨を個別に考慮すべきものと判断しました。

 そのうえで、「精勤手当」は、休日以外に1日も欠かさずに出勤することを奨励する趣旨で支給されるものであり、定年後嘱託社員と正社員との間で、皆勤を奨励する必要性に相違はないとして、嘱託社員に精勤手当を支給しないことを不合理と判断しました。他方、住宅手当・家族手当や賞与の差については、不合理とは認められないとしました。

 このように、定年後再雇用であることが、賃金格差を不合理でないとする1つの事情になることを正面から肯定しましたが、定年後再雇用であることと関連のない手当については、正社員と同一の支給が求められます。この点で、今後、各種手当の存続の要否を含めて検討が必要になります。

 また、手当については、差異が不合理なものについては同一にすべきとしていますが、基本給については明確に述べていません。職務上の違い、異動の違い、人事評価、責任の違いを明確にして、賃金制度が異なることについて説明ができるのであれば、賃金制度自体が異なることは許容されているといえるでしょう。

 今後、法に反しない待遇をしていくためには、賃金制度自体の見直しが必要になる可能性もありますので、ぜひ、労働法制に詳しい弁護士にご相談ください。

<プロフィール>
岡本 成史(おかもと・しげふみ)弁護士・税理士

1971年生まれ。京都大学法学部卒。97年弁護士登録。大阪の法律事務所で弁護士活動をスタートさせ、2006年に岡本綜合法律事務所を開所。福岡県建築紛争審査会会長、経営革新等支援機関、(一社)相続診断協会パートナー事務所/宅地建物取引士、家族信託専門士。岡本綜合法律事務所 代表。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop