• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月21日 12:10

立て看事件の東洋大学、期限まで無回答

公開質問状

 東洋大学白山キャンパス(東京都文京区)で1月21日、「竹中平蔵教授による授業反対!」の立て看板を掲げ、ビラをまき始めた学生が同大学生部職員に連行され、2時間半にわたる脅迫を受けた事件で、当学生の同大4年、船橋秀人さん(22)が大学側に抗議文と公開質問状を提出していたが、期限の2月18日まで回答はなかった。

 文書は「抗議と謝罪要求」「公開質問状」の2種類で、それぞれ竹村牧男・同大学長と同大理事会宛てに11日、簡易書留で投函された。1週間以内に本人にメールで回答するよう求めている。

 20日午前10時現在、船橋さんにメールは届いていない。筆者の取材に対し、船橋さんは次のようにコメントをした。

 「ご指導いただいた当日のお話や声明では、『憂慮している』と心配していたこともあり、僕としては回答いただけると思っていたので、非常に残念です。

 一体、大学は誰のためにどのようなことのためにあるのでしょうか? 僕の願いは、ただ大学が本来の理念に則ったあり方を取り戻してほしいだけです。まったくもって彼らとの不和を望んでいません。

 それなのに、抗議電話をした学外者向けには公式声明を公表していながら、れっきとした学生である僕からの声明には回答しないというのでは、大学は『ブランドイメージだけが重要であって、学生を大事にしません』と言っているようなものではないでしょうか?

 僕の切なる思いが綴られた声明に、一刻も早く回答が欲しいです。大学は回答をしないということで、また1つ将来にわたる禍根を残すことになるでしょう」

 筆者が電話で同大広報課に回答の意思を尋ねようとすると着信冒頭、「この会話は録音されています」のアナウンスが流れる。先回のやり取りを受け、導入されたのかもしれない。女性の受付が出ると、ホームページ上の「取材申込」フォームから用件を送るよう求められる。

 筆者は次の文面を送信した。

  • 4年生の船橋秀人君が2月11日に簡易書留郵便で発送された『抗議と謝罪要求』および『公開質問状』は1週間以内(18日まで)の大学側の回答を求めていたと思うが、まだ回答はされていないか。されていないとすれば、その理由は何か。
  • 今後、回答をされるつもりはあるか。

 以上2点、本日(20日)中にお答えいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 同日午後5時1分、次の回答があった。

 「東洋大学広報課です。
 ご質問いただきました件につきまして、
 大変申し訳ございませんが、お答えいたしかねます。
 悪しからずご了承いただきたく、お願い申し上げます。」

 実に素っ気ない回答である。文章の稚拙さはもとより、船橋さんに回答する意思があるのかどうかも確認できない。

 叱責(しっせき)中、船橋さんに「退学勧告」を迫った大学側は事件2日後の1月23日、一転してホームページに「一部ネット等で散見されるような当該学生に対する退学処分の事実はありません」との告知を掲載し、退学勧告の事実を否定している。

 さらに「一部ネットでは当該学生個人の特定や詮索などの書き込みも見受けられます。こうした個人情報の流布は、当該学生の将来への影響などに鑑(かんが)み、本学として大変憂慮しています」と、当学生への配慮を強調していた。

 「憂慮している」のは所属学生でなく、大学のブランドイメージなのか。船橋さんのいうように肝心の学生に対し何ら説明がなければ、大学側はおためごかしとのそしりを免れないだろう。

■関連記事
【東洋大立て看事件】学生が大学に抗議と質問状、「事実関係を残したい」 
「大学が終わっていく」、立て看掲げた東洋大生(後)
「大学が終わっていく」、立て看掲げた東洋大生(前)

<プロフィール>
高橋 清隆(たかはし・きよたか)

1964年新潟県生まれ。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)、『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)、『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)、『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)。ブログ『高橋清隆の文書館』。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年03月26日 14:29
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』キバナノアマナ(黄花の甘菜・ユリ科)

   3月中ごろに咲き始め、春の花として細々と生き延びているユリ科の花があります。  名前は「キバナノアマナ」で渓谷沿いの湿気を好むようです。植物のなかでも...

2019年03月26日 14:26
NEW!

(有)アトリック(埼玉)/化学製品卸

  代 表:石村 幹夫 所在地:埼玉県本庄市朝日町3―7―23  3月13日、同社はさいたま地裁熊谷支部より破産手続開始の決定を受けた。  破...

2019年03月26日 14:08
NEW!

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(21)

  出会いサポートセンター・JUNOALLを支援  今の日本で生まれる子どもの数は、年間100万人を割りこんでいる。人口が少なくなることは日本の国力にかかわ...

2019年03月26日 13:57
NEW!

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~健康を保つには「程良いこと」が肝心

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一 世の中すべて表裏一体 長尾治療院 長尾 良一 院長  世の中すべて...

2019年03月26日 13:38
NEW!

爆発的に拡大する再生可能エネルギー、日本は世界から取り残される!(前)

   日本は「不思議な国だ!」と世界から見られている。世界で唯一の「原爆被爆国」であり、チェリノブイリ原子力発電所事故と並ぶ、未曽有の「福島第一原子力発電所事故...

2019年03月26日 12:09
NEW!

福岡県大木町の社福で不正受給 2施設で1億3,500万円

   福岡県大木町の「(社福)白百合福祉会」(江崎君子理事長)が利用実態を偽装し、1億円以上の給付金を不正に受給していたことがわかった。  福岡県によると、...

2019年03月26日 11:57
NEW!

【書評】有森隆著『日産独裁経営と権力抗争の末路』 川又、塩路、石原、ゴーンと続く独裁者の系譜を綴る

   日産自動車と三菱自動車、仏ルノーの3社は“脱ゴーン”で足並みをそろえた。経営権をめぐる対決はひとまず休戦。秋に始まるとされるカルロ...

2019年03月26日 11:35
NEW!

車の内装補修のトータルリペアFスタイル 車の御用聞きを目指す

   たばこの焼け焦げやキズなど車の内装補修を手がけるトータルリペアFスタイル(福岡市博多区)。代表・藤野秀光氏は無類の車好きだ。  藤野氏はかつて異業種...

2019年03月26日 11:25
NEW!

28日、地下鉄アクセスホール、新改札口がオープン!~福岡空港国内線ターミナルビル直通でアクセス向上

  供用開始を待つ地下鉄アクセスホール  福岡空港国内線ターミナルビル再整備工事の一環として、福岡国際空港(株)(略称:FIAC)と福岡市交通...

2019年03月26日 11:21
NEW!

筑陽学園がセンバツ初勝利~福知山成美に3対2で勝利

   第91回選抜高等学校野球大会の第4日(26日)第1試合で、初出場福岡の筑陽学園が京都の福知山成美と対戦し3対2で勝利。春夏通じての初勝利となった。  ...

pagetop