• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月08日 09:51

ベトナムで開催された米朝首脳会談の舞台裏を探る(前) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

 世界が注目したトランプ大統領と金正恩委員長による米朝首脳会談は何ら合意文書が署名されないまま、中途半端な終わり方をした。予定された昼食会や共同記者会見も突然中止され、トランプ大統領は一方的な記者会見を開き、足早にベトナムの首都ハノイを後にし、専用機でワシントンに向かった。

 残された金正恩委員長はその後2日間ハノイに滞在し、ベトナム政府や党の幹部との会合を重ね、再び列車に乗って中国を縦断し、北朝鮮の首都・平壌に戻った。60時間におよぶ列車の旅の最中、「どうしてトランプ大統領は会談を急きょ御破算にしたのか?前の晩の夕食会では上機嫌で話し合ったはずなのに」と2度目の首脳会談の想定外の顛末を反芻していたに違いない。両首脳とも「会談は建設的だった」と述べてはいるが、内心では「もうこれっきりかも」と思った可能性が高い。

 実は、筆者は米朝首脳会談が開催され、金正恩委員長がハノイを離れるまでの同時期にベトナムに滞在していた。両首脳がいる間は、ハノイのいたるところで大渋滞。普段から圧倒的なバイクと急増する自動車でハノイは忍耐心を育むには最適の環境と言われている。交通信号の数も歩行者用の横断歩道も極めて少ないため、事故の件数は半端ない。加えて、アメリカと北朝鮮の代表団と全世界からの報道陣3,000人が殺到したため、警備が強化され、交通渋滞は過去最悪となった。

 ベトナム政府とハノイ市当局は2030年までに公共交通手段を整備し、市内へのバイクの乗り入れを制限する方針を発表しているが、現状では地下鉄用の土地の買収も遅々として進まず、実現の可能性は危ういと思われる。何しろ、路線バスですら現在8路線しか運航しておらず、バスの台数も限られている。ハノイでは2020年までに車の所有者は自動支払い口座の開設が義務付けられるという。同様の試みは最大都市のホーチミン市でも計画が進行中だ。
 たまたま金正恩委員長一行の車列と遭遇したが、その移動の沿線は厳重な警備体制が敷かれており、制服、私服の警官や警備員が交通を遮断してしまい、あちこちで怒鳴り合いが起こった。あおり運転ではないが、トラックの運転手らが車を降りて、いうことを聞かず道路を逆走したり、歩道に乗り上げようとした一般車を規制したり誘導するような場面にも出くわした。しかし、大半のベトナム人は忍耐強く、金正恩委員長の乗った専用車が通り過ぎるまで1時間ほどじっと待機していたようだ。

 さて、肝心のトランプ・金正恩会談である。あれだけ、事前の盛り上がりを見せていたにもかかわらず、なぜあっけない幕切れとなってしまったのか。ホスト国のベトナム政府の要人に言わせると、「もともと非核化についての立場は月と鼈(スッポン)。1度や2度の顔合わせで詰まる話ではない。まだまだ長期戦になるだろう。今回のような展開は容易に想像できた」。

 それどころか、「ベトナムとすれば世界が注目するビッグ・イベントを成功裏に開催でき、アメリカにも北朝鮮にも恩を売ることができた。世界60数カ国からやってきたメディア関係者にベトナムの文化や料理の素晴らしさを体験してもらい、情報発信してもらえたことは大変有意義であった」と、首脳会談の中身より自国のPRの場として極めて前向きな評価となった。

 しかし、トランプ大統領や北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相らの発言からは米朝間の抜きがたい不信感が伝わってくる。当初、トランプ大統領は会談を途中で切り上げた理由について「北朝鮮側が寧辺の核施設の破棄と引き換えに、国連による経済制裁をすべて解除するよう求めてきたからだ」と主張していた。

 それに対し、北朝鮮の李外相は異例の深夜記者会見で、「我々が提案したのは国連の経済制裁11項目の内5項目だけだった」と反論。隣に座っていた対米交渉担当の外務副大臣からは「このような結果になったため、今後、金正恩委員長はアメリカとの交渉に関心を寄せなくなるかもしれない」と踏み込んだ発言もあった。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸 (はまだ・かずゆき

国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。16年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見~「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

pagetop